『バイオハザード ヴィレッジ』が全世界でDL版含め400万本を販売。「バイオこわくないよ」宣伝が効果を発揮したか、好調な売り上げに

 カプコンは、5月8日に発売されたホラーゲーム『バイオハザード ヴィレッジ』全世界で400万本を販売したと伝えた。これはダウンロード版も含む数値となる。

 『バイオハザード ヴィレッジ』は、ロゴに“VIII”を冠した『バイオハザード』シリーズナンバリングタイトル8作目。累計900万本(2021年3月31日現在)を販売した『バイオハザード7 レジデント イービル』の続編にあたる。主人公は前作に引き続きイーサン・ウィンターズ。前作同様一人称視点「アイソレートビュー」を採用した。

 前作はほぼベイカー邸でストーリーが進んだが、本作の舞台になるのはとある寒村。古城や工場など、さまざまなロケーションが登場する。また、2009年に発売された『バイオハザード5』以来久しぶりの登場となる番外編「ザ・マーセナリーズ」も収録。ホラーな本編とは異なり、無数のモンスターを相手にした激しい戦いが楽しめる。

 加えて、本作のプロモーションは前作の反省を生かし「怖くない」ことを重視。吉幾三氏とコラボした「俺らこんな村いやだLv.100」や人形劇「バイオ村であそぼ♪」など、笑いを誘うCMが制作された。

(画像は『バイオハザード ヴィレッジ』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード ヴィレッジ』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード ヴィレッジ』公式サイトより)
(画像は『バイオハザード ヴィレッジ』公式サイトより)

 『バイオハザード ヴィレッジ』はPlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/S、PCで好評発売中だ。


ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ