『Microsoft Flight Simulator』アップデートでダウンロード容量が大幅削減、170GBから83GBへ

 5月25日に配信された『Microsoft Flight Simulator』のパッチで、ゲームをプレイするためのダウンロード容量が170GBから83GBまで大幅に縮小された

 同作のダウンロード容量は発売直後から話題になっていたもので、リリース当時Steamで本作を買ったプレイヤーがダウンロードの時間が長すぎるとして返金処理の対象になるかどうか混乱する現象も起きた。
 当初は「ゲーム起動後に巨大なファイルをダウンロードさせられ、ダウンロードにはゲームが無条件で返金できると規約で定められた2時間を超える時間が必要」と考えられていたが、その後すぐにダウンロード時間はプレイ時間に含まれないことが発表されていた。

 『Microsoft Flight Simulator』は、2020年にマイクロソフトが発売したフライトシミュレーションゲーム。現実のマップデータを使って地球すべてをモデル化しており、気象情報を取得して現地の気象をリアルタイムでゲームに反映する、このジャンルでも類を見ない規模のゲームだ。

 一般的に要求スペックが高く、硬派で人を選ぶジャンルであると言われるフライトシミュレーションだが、Xbox Game Pass for PCにもリリース当初から対応。ちょっと試してみようという間口の広さから多数のファンを獲得した。

(画像はSteam『Microsoft Flight Simulator』より)
(画像はSteam『Microsoft Flight Simulator』より)
(画像はSteam『Microsoft Flight Simulator』より)
(画像はSteam『Microsoft Flight Simulator』より)

 『Microsoft Flight Simulator』の対応プラットフォームはPC。PC版は日本語に対応し、今夏Xbox Series X|Sでもリリース予定だ。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ