アライグマ探偵が動物が住む卑しき街を行くハードボイルド・ミステリー『Backbone』が配信開始

【6/10 11:24更新】Microsoft Store、Epic Games Store、GOG版について追記

 Raw Furyは、アライグマの私立探偵を描くアドベンチャーゲーム『Backbone』の配信を開始した。プラットフォームはPC(Steam、Microsoft Store、Epic Games Store、GOG)。価格はSteam版が2570円、Microsoft Store版が2900円、Epic Games Store版が3080円、GOG版が29.99ドル。日本語には対応していない。

 『Backbone』は動物たちが擬人化した世界をフィルムノワールな作風で描くポイント&クリックアドベンチャー。

 舞台は動物が住まうブリティッシュコロンビア州バンクーバー。暗い空気に包まれたこの街で、アライグマの私立探偵ハワード・ローターは小さな依頼をこなし、どうにか生活を送れていた。そんなハワードのもとに、ある日、これまでになかった案件が訪れる。小さな依頼に過ぎなかったが、陰惨な事実が徐々に明らかになり、やがてハワードは、街に潜む権力構造に巻き込まれていく。

 
(画像はSteam『Backbone』より)
(画像はSteam『Backbone』より)
(画像はSteam『Backbone』より)
(画像はSteam『Backbone』より)

 本作は2.5Dのピクセルアートが特徴で、高画質のドット絵に加えて、3Dエフェクトで街灯、雨、霧、ネオンライトが描かれることによって、美しい街並みを巧みに演出している。またステルス要素があり、周囲の目を避けて行動する必要があるシーンもあるようだ。

 鋭い洞察力、頼もしい勇敢さ、正義を貫こうとする尽きぬ情熱を持って、複雑なキャラクター同士の関係性を整理し、事件を解き明かそう。

 残念ながら現時点で日本語には対応していないが、動物が住む街で渋いノワールな世界が展開される本作。気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ