『マリオ+ラビッツ SPARKS OF HOPE』発表。任天堂の「マリオ」とUBIの「ラビッツ」が銀河を救うため大冒険

 ユービーアイソフトは、ゲーム情報番組「Ubisoft Forward」にてターンベース・ストラテジー・アクション『マリオ+ラビッツ SPARKS OF HOPE』を発表した。対応プラットフォームはNintendo Switchで2022年発売予定だ。

 『マリオ+ラビッツ SPARKS OF HOPE』は、任天堂のキャラクター「マリオ」と、UBIのキャラクター「ラビッツ」が銀河を救うためにミッションに挑むターンベース・ストラテジーとアクションを組み合わせたゲーム。

 ストーリーは邪悪な存在カーサが、銀河系を混乱に陥れているのを背景に、マリオたちはラビッツたちは銀河を救うために協力してカーサに挑むというもの。

 ゲームはターンベースのストラテジーゲームとリアルタイムのアクションが融合した戦闘システムが特徴としている。マリオ、ルイージ、ピーチ、ラビッツマリオ、ラビッツピーチなどのキャラクターの中から3人を選び、チームを編成。各キャラクターを操作して敵にダッシュしたり、飛び掛ったりして自分のターンを最大限に活用する。

(画像はYouTube「Ubisoft Forward: Official Livestream」より)
(画像はYouTube「Ubisoft Forward: Official Livestream」より)
(画像はYouTube「Ubisoft Forward: Official Livestream」より)
(画像はYouTube「Ubisoft Forward: Official Livestream」より)
(画像はYouTube「Ubisoft Forward: Official Livestream」より)

 なおUBIのキャラクター「ラビッツ」は、もともとアクションゲーム『レイマン』シリーズの敵役として登場した、うさぎをモチーフとしたいたずら好きのキャラクター。『レイマン』シリーズから独立して活躍することとなり、ゲームのみならずアニメ『ラビッツ インベージョン』などが制作された。海外ではとても人気を誇るキャラクターだ。

 マリオとラビッツは、以前にもNintendo Switch向けソフト『マリオ ラビッツ キングダムバトル』でコラボしており、シミュレーションRPGとして展開した。『マリオ』シリーズのキャラクターたちとラビッツのデザインが融合した「ラビッツマリオ」、「ラビッツピーチ」、「ラビッツルイージ」、「ラビッツヨッシー」が登場しており、引き続き本作『マリオ+ラビッツ SPARKS OF HOPE』にも登場を果たした形だ。

 各惑星には好奇心旺盛な住民たちとの出会いが待っており、不思議で驚きに満ちた物語が待っている。また『マリオ』シリーズでのおなじみの敵も登場するという。記事執筆時点では日本語版のアナウンスはされていないので続報を楽しみにしたい。

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ