ホラーインタラクティブシネマ『Night Book』が日本語対応へ。だまされた通訳者が悪魔に襲われる。婚約者、赤ちゃん、父親、あるいは彼女自身、誰を犠牲にするか緊迫感あふれる物語が描かれる

 パブリッシャーのWales Interactiveは、イギリスのゲーム開発会社Good Gate Mediaの開発するインタラクティブシネマ『Night Book』のSteamストアページを更新。日本語に対応する旨を追加した。

 『Night Book』は、あるオンライン通訳者がだまされて古代の書物を読まされ、その結果悪魔が召喚されてしまうという事件を描くインタラクティブシネマだ。

 妊娠中の英仏通訳者であるロレリンは、リモートで夜勤に励む本作の主人公だ。妊娠しているが婚約者は遠方で働いており、精神的に病んだ父親を世話しながらなんとか日々家族がバラバラにならないように努力し続けている。

 婚約者、赤ちゃん、父親、あるいは彼女自身。だまされた彼女が生き延びるため、悪魔に対して果たして何を犠牲にするだろうか。

 ゲームにはジュリー・ドレイ氏(『Avenue 5』)とコリン・サーモン氏(『バイオハザード』『移動都市/モータル・エンジン』)らが出演。トレイラーに出ている日系人を演じるのは、アキー・コタベ氏。氏は日系アメリカ人で日本語も堪能。『高い城の男』に出演したことで知られており、『Cyberpunk 2077』にも出演している。

 開発には『Maid of Sker』で本作のパブリッシャーも務めるWales Interactiveが協力。また、コロナ禍の中ですべてリモートで撮影されたという。ほとんどがビデオ通話風の画面で進むのは、世相も反映しているようだ。

(画像はSteam『Night Book』より)
(画像はSteam『Night Book』より)
(画像はSteam『Night Book』より)
(画像はSteam『Night Book』より)

 『Night Book』は7月発売予定。対応プラットフォームはPS4、Xbox One、Nintendo Switch、iOS、PC(Steam)だ。Steamにて体験版も配信しているが、こちらは日本語には未対応。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ