バブル期の日本で株トレーダーとして大もうけを目指す『STONKS-9800』が2021年後半に発売へ。「ニネントー」や「サニー」の株を売買し一攫千金を目指そう

 80年代から90年代を生きる株のトレーダーとなり、株の売買で大もうけを目指すゲーム『STONKS-9800: Stock Market Simulator』(以下、STONKS-9800)の延期が発表された。ウクライナに住む個人開発者TERNOX氏は、翻訳の改善や新しいメカニクスのテストをし、2021年後半にゲームを発売するとしている。

 延期の発表とともに、レトロPCの起動画面を模したゲームの新しいスタート画面の動画も公開した。

 『STONKS-9800』はバブルの絶頂から崩壊までの時代を生きる株トレーダーとして、日本の株式市場で大もうけを目指す株取引シミュレーションゲームだ。時代にあわせてレトロPCゲーム風のグラフィックを特徴としている。

 株価をにらみながら元手を株につぎ込み、市場の動きをうまく読んで大きな利益を追うことになる。登場する銘柄は「Ninento」(ニネントー)や「Sani」(サニー)、「Panasenic」(パナセニック)、はては「Gemustop」(ゲムーストップ)などどこかで見たことがある名前ばかり。「Gemustop」の元ネタ企業はつい最近現実に株価の乱高下が起き、投資に尻込みしてしまいそうだ。

 稼いだお金は投資に使うだけでなく、競馬やパチンコなどで息抜きし、不動産や車を買って楽しむこともできる。

 四六時中株式チャートを見続けるわけにはいかない。健康管理に気をつけなければ過労で病院送りになってしまう。株で儲ける以外にも、突然仕事が舞い込んできたり、友人にバーに誘われたりとさまざまな突発イベントも起きる。

(画像はKnow Your Memeより)

 ちなみに、「STONKS」とは「STOCKS」(株式)の意図的なミススペルだ。株式市場の動きを示す画像の前に腕を組んだキャラとともに「STONKS」と書かれた画像が投稿され、大きな話題となった。自信満々なキャラとミススペル、そして株取引という組み合わせが否応なく転落を予感させる。(参考:Know Your Meme

 そこから「株式で大損する」ミームとして発展。日本でいえば「FXで有り金全部溶かす人の顔」のミームが近いだろう。そんなミームをタイトルにしているため、プレイヤーに待ち受ける末路もなんとなく想像ができそうだ。

(画像はSteam『STONKS-9800』より)
(画像はSteam『STONKS-9800』より)
(画像はSteam『STONKS-9800』より)
(画像はSteam『STONKS-9800』より)

 Steam版『STONKS-9800』は2021年後半に発売延期となった。公式サイトによると、Steam以外にもNintendo Switch、Xbox Series X|S、Xbox One、PS5、PS4で2021年後半にリリース予定だという。日本語にも対応する。

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ