コナミと集英社による「アクション&シューティング ゲームコンテスト」開催決定。『がんばれゴエモン』『グラディウス』など過去IPがテーマに?

 集英社は、ゲームイベント「BitSummit THE 8th BIT」にて、「集英社ゲームクリエイターズCAMP」の第3弾を、KONAMIと共同で「アクション&シューティング ゲームコンテスト」として開催すると発表した。

(画像はYouTube「BitSummit THE 8th BIT (ビットサミット ザ エイト ビット) – 1日目」より)

 「集英社ゲームクリエイターズCAMP」は、出版大手の集英社がゲームに関わるクリエイターを支援するプロジェクト。

 今回は第3弾として、アクションゲーム、シューティングゲームを対象にKONAMIと共同してゲームコンテストを開催するという。

 詳しい内容は不明で、詳細は9月30日~10月3日に開催される「東京ゲームショウ2021」にて詳細が発表される。

 スライドには「コンテスト対象タイトル」と記述されており、『グラディウス』のビックバイパー、『がんばれゴエモン』のゴエモン、『イー・アル・カンフー』のリー・ウーロン、ハドソンが発売した『スターソルジャー』のシーザーらしきシルエットの姿が確認できる。

(画像はYouTube「BitSummit THE 8th BIT (ビットサミット ザ エイト ビット) – 1日目」より)

 登壇した集英社のゲームクリエイターズCAMP担当者からは「リメイク、コラボしやすいラインナップが揃っている」、「この作品でゲーム作っちゃっていいんですか」、「どういう今風のアレンジが楽しみ」などの発言があり、どうやらKONAMIの既存IPを使ってゲームコンテストを開催するようだ。

 『がんばれゴエモン』の続編などファンが待ち望んでいる作品の新作が、こういったゲームコンテストの形から再出発するのか、その動向が気になるところ。東京ゲームショウ2021での続報を楽しみに待ちたい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ