『anan』最新号にてゲーム業界のトレンドを紹介するコーナーが掲載。小島秀夫氏への取材を筆頭にRTAやゲーム実況、『くまのレストラン』にも言及

 マガジンハウスは9月8日(水)、ファッション雑誌『anan』について、「進化系映像最前線!」と題した特集号を発売。同特集では小島秀夫氏やモデルの石田ニコル氏へのインタビューをはじめ、女性誌ならではの視点から最新のゲーム事情に触れている。

 『ジャッジアイズ』シリーズの主人公・八神隆之を演じた木村拓哉氏を表紙に据える本号は、映画や動画配信サービス、YouTubeにTikTokなどの各分野を「映像」という切り口で横断。特集の中にはゲームも含まれており、“今こそ飛び込みたい、ゲームの世界。”と名付けたコーナーを設け、読者へ魅力を伝えている。

 コーナー冒頭では、6ページにわたり小島秀夫氏へのインタビューを掲載。最新作『デス・ストランディング』を通じて、ゲームにおけるテクノロジーの進化ユーザーのプレイスタイルの変化に注目した業界の動向を語っている。

 また、モデルや女優として活躍しながら『コール オブ デューティ』『マインクラフト』実況配信をYouTubeで行う石田ニコル氏がオンラインゲームの醍醐味を紹介しているほか、シリーズのファンを公言する作家の辻村深月氏が『真・女神転生』と自身の関わりを述べている。

 さらに、新時代の「どうぶつ系」ゲームとして『くまのレストラン』『バイオミュータント』などを取り上げ、近年人気の高まりを見せる「フォトモード」へのトレンドにも言及。弊誌でも話題を呼んだ『リングフィット アドベンチャー』のRTAで実況を務めた田口尚平氏や、『デッドバイデイライト』のプレイに挑戦する動画がYouTubeで20万回再生を突破し注目を集める美川憲一氏まで幅広い内容をカバーした特集だ。

(画像はいずれも過去記事より)

 『anan』最新号は、全国の書店やコンビニ、オンラインショップにて700円で販売中。AmazonではKindle版が420円(各税込)で購入できる。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ