コナミと集英社、『がんばれゴエモン』などを題材にした「ゲームコンテスト」開催。賞金200万円、商品化オファーの可能性も

 KONAMIは、東京ゲームショウ2021の情報番組「最新情報一気見せ!遊戯王マスターデュエルなど盛りだくさん!」にて、集英社の「集英社ゲームクリエイターズCAMP」の第3弾をKONAMIが共同で行うことをあらためて明らかにし、その詳細を発表した。

 両社は『がんばれゴエモン』や『グラディウス』、『ツインビー』などKONAMIが持つ対象80タイトルを題材としたゲームの企画・開発コンテストを行うという。

 「集英社ゲームクリエイターズCAMP」の公式サイトより募集が開始しており、期間は日本時間2022年01月06日(木)23:59まで。

 「集英社ゲームクリエイターズCAMP」は、出版大手の集英社がゲームに関わるクリエイターを支援するプロジェクトだ。

 今回は第3弾として、アクションゲーム、シューティングゲームを対象にKONAMIと共同して「ゲーム企画」のコンテストを開催するという。

 大賞受賞企画には、200万円賞金が贈呈する。さらに商品化を目指せる作品はKONAMIから商品化をオファーする。商品化対象となったプロジェクトを最大3000万円の開発資金の出資、制作アドバイス、開発機材の貸し出し、ローカライズやプロモーションなどの協力をKONAMIがサポートする。

(画像はYouTube「【TGS2021 KONAMI】 最新情報一気見せ!遊戯王マスターデュエルなど盛りだくさん!」より)
(画像はYouTube「【TGS2021 KONAMI】 最新情報一気見せ!遊戯王マスターデュエルなど盛りだくさん!」より)
(画像はYouTube「【TGS2021 KONAMI】 最新情報一気見せ!遊戯王マスターデュエルなど盛りだくさん!」より)
(画像はYouTube「【TGS2021 KONAMI】 最新情報一気見せ!遊戯王マスターデュエルなど盛りだくさん!」より)

 コンテスト対象のKONAMIタイトルは80作品にも及び、『がんばれゴエモン』シリーズ、『イー・アル・カンフー』シリーズ、『魔城伝説』シリーズ、『グラディウス』シリーズ、『スターソルジャー』シリーズ、『ツインビー』シリーズ、ほかにも『けっきょく南極大冒険』、『夢大陸アドベンチャー』、『迷宮組曲 ミロンの大冒険』などが含まれている。

 日本国内に居住、2021年9月30日時点で応募者が満18歳以上など、詳しい応募資格、著作権などは公式サイトにて確認してみてほしい。

 シリーズの再始動などが待ち望まれていたタイトルも含まれているため、どのような企画が大賞となるのか気になるところ。我こそはと思う人は募集してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ