「ディスクシステム」型のカードケースがNintendo TOKYOとマイニンテンドーストアにて発売。『ゼルダの伝説』や『メトロイド』がモチーフに

 任天堂のタイトルをモチーフにしたグッズを取り扱うNintendo TOKYOと通販・マイニンテンドーストアは11月12日(金)、ディスクシステムのデザインを起用した「カードケースコレクション ディスクシステム」を発売した。

画像はNintendo TOKYO公式Twitterより

 ディスクシステムは1986年2月に発売されたファミリーコンピューターの周辺機器。カセットよりも大容量かつゲームデータのセーブとロードが可能なアイテムで、任天堂によるとソフトの総売り上げ数は5339万本にものぼるとのことだ。

 ディスクシステムの特徴であるパッと目を引く黄色が再現された本商品は、そのキュートでレトロな見た目だけでなく、ICカードなどを入れて持ち歩くことができる機能性もあわせ持つ優れものだ。

画像はNintendo TOKYO公式Twitterより

 デザインは5種類で、開封するまでどれが出るかわからないランダム方式での販売となっている。デザインの種類は以下のとおり。

『ゼルダの伝説』
『スーパーマリオブラザーズ2』
『メトロイド』
『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 前編』
『ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者 後編』

 入れることができるカードの目安サイズは、ICカード乗車券などの約86×54×0.8mm。もちろんストラップとして持ち歩いても十分にキュートだが、カードを入れて持ち歩きたい場合はサイズをしっかりチェックしてほしい。

 価格は単品が税込1540円、5種類すべてが入ったBOXが税込7700円となっている。

ライター
ベヨネッタとロリポップチェーンソーでゲームに目覚めました。 3D酔いと戦いつつゲームをする傍ら、学生をしています。
Twitter:@d0ntcry4nym0re
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ