テスラが一部自動車に初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を実装すると発表。ハイスピードな名作アクションが車載モニターを通じて楽しめるように

 テスラは12月14日(火)、セガとのパートナーシップ締結を発表。同社が展開する電気自動車の一部では、搭載されたモニターを通じて複数のゲーム作品がプレイ可能になっているが、その中に“ソニック1”こと初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を実装する方針を明らかにした。

テスラが一部自動車に初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を実装すると発表。ハイスピードな名作アクションが車載モニターを通じて楽しめるように_001
(画像は「テスラ」公式サイトより)
テスラが一部自動車に初代『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を実装すると発表。ハイスピードな名作アクションが車載モニターを通じて楽しめるように_002
(画像は「テスラ」公式サイトより)

※Nintendo Switchに向け発売されたリメイク版の映像

 テスラは2018年秋より、タッチスクリーン式の車載モニターによるゲーム作品の配信サービスを無償提供している。『ソリティア』などの簡易ゲームから『Cuphead』『ウィッチャー3 ワイルドハント』といったタイトルまで、楽しめる種類は幅広い。

 このたび新たに実装が報じられた『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』は、1991年にメガドライブへ向け発売された2Dアクションゲーム。リリースから30周年を迎える節目のタイミングで、意外なハードへの移植が告げられた形だ。発表はメールでのプレスリリースを通じて行われ、その旨はテスラのCEOであるイーロン・マスク氏もTwitterで伝えている

 もちろん運転中にゲームをプレイすることは推奨されておらず、起動時には警告文が表示される仕様ワイヤレスコントローラーを使って車内のどこにいても操作ができる点から、助手席や後部席に座る同乗者に向けたサービスと言えるだろう。停車中であれば運転席での娯楽にもなり得る。

 テスラ車への『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の実装日は、執筆時点では明らかになっていない。運転を誰かに委ね、ハイスピードなアクションが特徴の同作をドライブ中の車内でプレイするのは爽快な体験となりそうだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年1月28日05時~2023年1月28日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ