ファンタジックな日本を舞台に「狐の少女」と「蛙」の長い一夜が描かれる『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』の最新映像が公開。Nintendo Switch向けに2022年の完成を目指す

 イラストレーター/コンセプトアーティストのリアス氏は、3Dアクション・アドベンチャー『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』の最新映像を自身のTwitterアカウントにて公開した。

 対象プラットフォームはNintendo Switch。その他のプラットフォームは未定。2022年の完成を目指して開発されている。

 『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』は、ファンタジックで不思議な日本を舞台に描かれる3Dアクションアドベンチャー。

 舞台は、流れ着いた「アダシノ島」。ここはネオンの看板や鳥居、屋台の提灯の彩られた不思議な島だ。あなたは「狐の少女」となり「」とともに旅をするが、不穏な影が近づこうとしている。こうして狐の少女と蛙のながい一夜が描かれる。

ファンタジックな日本を舞台に「狐の少女」と「蛙」の長い一夜が描かれる『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』の最新映像が公開。Nintendo Switch向けに2022年の完成を目指す_001
(画像はTwitterより)
ファンタジックな日本を舞台に「狐の少女」と「蛙」の長い一夜が描かれる『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』の最新映像が公開。Nintendo Switch向けに2022年の完成を目指す_002
(画像はTwitterより)
ファンタジックな日本を舞台に「狐の少女」と「蛙」の長い一夜が描かれる『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』の最新映像が公開。Nintendo Switch向けに2022年の完成を目指す_003
(画像はTwitterより)
ファンタジックな日本を舞台に「狐の少女」と「蛙」の長い一夜が描かれる『狐ト蛙ノ旅 アダシノ島のコトロ鬼』の最新映像が公開。Nintendo Switch向けに2022年の完成を目指す_004
(画像はTwitterより)

 本作はイラストレーター/コンセプトアーティストのリアス氏が、自らのイラストを元にゲームとして立ち上げた作品。日本の温泉街を彷彿とさせる2Dイラスト風のアートワークを、3Dとして表現されている。幻想奇譚ともいえるタッチが特徴だ。

 サブタイトルの「コトロ鬼」の正体や、具体的なゲームシステムやストーリーが気になるところ。今後の続報に期待したい。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ