「RTA in Japan Winter 2021」が12月26日に開幕。『クロノトリガー』にはじまり『ファイナルソード』に締めくくられる全95タイトルへの挑戦を6日間にわたって配信

 一般社団法人RTA in Japanは12月26日(日)から12月31日(金)まで、大型RTA(リアルタイムアタック)イベントである「RTA in Japan Winter 2021」を開催する。

 RTAとは、設定されたクリア目標を現実時間でいかに早く達成するかを競うゲームプレイの一種だ。各プレイヤーたちの徹底的なやりこみの賜物である超絶テクニックや、ごくわずかな時間のロスも許されない状況下で産まれるドラマチックな展開が、広く人気を得ているコンテンツである。

 8月には「RTA in Japan Summer 2021」が開催され、1255万円もの寄付金を「国境なき医師団」に贈るといった成果をあげている。また、同イベントでプレイされたタイトルが数多くTwitterのトレンドに入るなど、その話題性の高さは折り紙付きだ。

 今回、RTA in Japan Winter 2021にてプレイされるのは計95タイトル。挑戦の様子はTwitchにてライブ配信され、録画映像はTwitch、YouTubeにて公開される。

 本イベント『クロノトリガー』にはじまり、クリア予定時間が最短の10分と設定されている『Don’t Spill Your Coffee』から、最長の6時間30分とされている『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』など、さまざまなゲームが登場する予定だ。

「RTA in Japan Winter 2021」が12月26日に開幕。『クロノトリガー』にはじまり『ファイナルソード』に締めくくられる全95タイトルへの挑戦を6日間にわたって配信_001
(画像はSteam『クロノトリガー』販売ページより)

 また、『スーパーマリオ64』『マイクタイソン・パンチアウト!!』目隠し状態でプレイする、一風変わったプレイングも楽しめる。そのほか『天穂のサクナヒメ』『メタルギアソリッド』『ゼルダの伝説 ムジュラの仮面』などの人気タイトルがラインナップされており、最後はNintendo Switch版『ファイナルソード DefinitiveEdition』にて締めくくられる。

「RTA in Japan Winter 2021」が12月26日に開幕。『クロノトリガー』にはじまり『ファイナルソード』に締めくくられる全95タイトルへの挑戦を6日間にわたって配信_002
(画像はニンテンドーeショップ『ファイナルソード DefinitiveEdition』販売ページより)

 くわしい日程は公式サイトのスケジュール紹介ページを参照されたい。RTA in Japan Winter 2021は、きたる12月26日(日)に開幕となる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ