「テレビゲーム総選挙」第1位の座に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が輝く。国民5万人以上がガチ投票で決定したもっとも好きなゲームに

 テレビ朝日系の特別番組「国民5万人がガチ投票!テレビゲーム総選挙」が12月27日(月)19時から3時間にわたり放送され、1位が『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』となったことが明らかとなった。2位は『ドラゴンクエストV』、3位は『ファイナルファンタジーVII』となっている。

「テレビゲーム総選挙」第1位の座に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が輝く。国民5万人以上がガチ投票で決定したもっとも好きなゲームに_001
「テレビゲーム総選挙」第1位の座に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が輝く。国民5万人以上がガチ投票で決定したもっとも好きなゲームに_002
「テレビゲーム総選挙」第1位の座に『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』が輝く。国民5万人以上がガチ投票で決定したもっとも好きなゲームに_003

 「テレビゲーム総選挙」は、各ユーザーがアンケートで答えた“好きなゲームベスト5”の調査をもとに、日本でもっとも人気のゲームTOP100を決めるという番組だ。

 対象はテレビゲーム機と携帯型ゲーム機で販売されているタイトルとなっている。 『ファイナルファンタジーIV』と『ファイナルファンタジーIIV』など、シリーズ作品はべつべつに区別されるほか、オンラインのみのPCゲームやスマートフォン向けタイトルは対象とならない。

 TOP100には『ドラゴンクエスト』や『ファイナルファンタジー』、『ポケットモンスター』といった日本の人気ゲームシリーズだけでなく、『ゼビウス』(62位)や『テトリス』(25位)といったクラシックのレジェンド作品もランクイン。また『Apex Legends』(30位)や『Dead by Daylight』(59位)といった、若者に人気のマルチプレイゲームも登場した。

 TOP100の全リストは以下のとおり。

■1~10位
・1位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
・2位:ドラゴンクエストV
・3位:ファイナルファンタジーVII
・4位:あつまれ どうぶつの森
・5位:スプラトゥーン2
・6位:ドラゴンクエストIII
・7位:大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
・8位:クロノ・トリガー
・9位:ファイナルファンタジーX
・10位:スーパーマリオブラザーズ3

■11~20位
・11位:ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
・12位:スーパーマリオカート
・13位:UNDERTALE
・14位:ポケットモンスター ソード・シールド
・15位:ドラゴンクエストIV
・16位:キングダム ハーツII
・17位:ゼルダの伝説 時のオカリナ
・18位:METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER
・19位:幻想水滸伝II
・20位:マインクラフト

■21~30位
・21位:スプラトゥーン
・22位:とびだせ どうぶつの森
・23位:ファイアーエムブレム 風花雪月
・24位:ポケットモンスター 赤・緑
・25位:テトリス
・26位:ポケットモンスター ブラック・ホワイト
・27位:ドラゴンクエストXI
・28位:MOTHER2
・29位:大神
・30位:Apex Legends

■31~40位
・31位:タクティクスオウガ
・32位:バイオハザード
・33位:ファイナルファンタジーVI
・34位:ファイナルファンタジーV
・35位:ゼノブレイド2
・36位:ポケットモンスター 金・銀
・37位:ファイナルファンタジーIX
・38位:ぷよぷよ
・39位:DARK SOULS III
・40位:ゼノギアス

■41~50位
・41位:桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~
・42位:ペルソナ5
・43位:ゼノブレイド
・44位:ドラゴンクエストX
・45位:星のカービィ Wii
・46位:ドラゴンクエストII
・47位:ファイナルファンタジーXIV
・48位:NieR:Automata
・49位:キングダム ハーツ
・50位:ポケットモンスター ルビー&サファイア

■51位~60位
・51位:ファイナルファンタジーIV
・52位:ゼルダの伝説
・53位:テイルズ オブ ジ アビス
・54位:ドラゴンクエストVIII
・55位:妖怪ウォッチ2
・56位:スーパーマリオギャラクシー
・57位:スーパードンキーコング
・58位:どうぶつの森
・59位:Dead by Daylight
・60位:ポケットモンスター ブラック・ホワイト2

■61~70位
・61位:ニンテンドウオールスター! 大乱闘スマッシュブラザーズ
・62位:ゼビウス
・63位:ファイナルファンタジーIII
・64位:ポケモン ハートゴールド・ソウルシルバー
・65位:幻想水滸伝
・66位:Ghost of Tsushima
・67位:Bloodborne
・68位:ポケットモンスター X・Y
・69位:スーパーマリオRPG
・70位:モンスターハンター:ワールド

■71~100位(※12月16日発表)
・71位:ドクターマリオ
・72位:星のカービィ スーパーデラックス
・73位:グランツーリスモ4
・74位:大乱闘スマッシュブラザーズX
・75位:おいでよ どうぶつの森
・76位:カービィのエアライド
・77位:マリオカートWii
・78位:信長の野望・全国版
・79位:METAL GEAR SOLID
・80位:ゼルダの伝説 ムジュラの仮面
・81位:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊王シドーとからっぽの島
・82位:聖剣伝説 レジェンドオブマナ
・83位:ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち
・84位:ファイナルファンタジーXI
・85位:ドラゴンクエストVI 幻の大地
・86位:モンスターハンター
・87位:モンスターハンターダブルクロス
・88位:ゼルダの伝説 スカイウォードソード
・89位:スーパーマリオギャラクシー2
・90位:ファイナルファンタジーVIII
・91位:ストリートファイター2
・92位:モンスターハンター4G
・93位:ペルソナ5 ザ・ロイヤル
・94位:ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
・95位:MOTHER
・96位:三國志
・97位:スーパーマリオワールド
・98位:ペルソナ4
・99位:ポケットモンスター プラチナ
・100位:ペルソナ3

【あわせて読みたい】

まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ