四肢を失った少女の復讐を描くアドベンチャゲーム『被虐のノエル』のSwitch版が2月10日に発売決定

 PLAYISMと株式会社バカーが運営するゲーム連載メディア「ゲームマガジン」は12月28日、Nintendo Switch版『被虐のノエル』を2022年2月10日(木)に配信すると発表した。価格は税込2480円で、Nintendo Switch版の発売後はPS4版Xbox One版の発売を予定している。

四肢を失った少女の復讐を描くアドベンチャゲーム『被虐のノエル』のSwitch版が2月10日に発売決定_001

 『被虐のノエル』はネット初の自作ゲームがプレイできるプラットフォーム「ゲームマガジン」にて2016年にリリースされた伝記アドベンチャーゲームだ。手足を失った少女ノエル大悪魔カロンを主人公に、ノエルの四肢を奪うきっかけとなった市長バロウズへの復讐を描く作品となっている。

 ゲームマガジン連載版ではスマートフォン上でのRPGツクールの挙動の限界から表現や演出が大幅に制約を受けていたが、Nintendo Switch版ではGUI・演出・ゲーム要素などを大幅に改善し、コントローラーでのプレイにも最適された設計となる。

 さらに今回のリメイク版では新規の追加ストーリーSeason3.5が収録される。バロウズ編最終話にあたるSeason3と、シリーズ中盤の「ジリアン編」Season4の合間に起きていた出来事を、ラプラス市内の様子を中心に描かれるという。

 追加ストーリーSeason3.5は完全新規のストーリーとなっており、ゲームマガジンでの連載版を遊んできたユーザーも新鮮に楽しめるだろう。

 興味がある読者は『被虐のノエル』の公式Twitterをフォローして続報を待とう。

四肢を失った少女の復讐を描くアドベンチャゲーム『被虐のノエル』のSwitch版が2月10日に発売決定_002

プレスリリースの全文は以下のとおり。


Nintendo Switch 版『被虐のノエル』、2022 年 2 月 10 日(木)発売決定&「カゲロウ・プロジェクト」じんによる主題歌 MV 公開

世界中の良質なインディーゲームを届ける PLAYISM(プレーイズム)

ゲームパブリッシングブランドの“PLAYISM”(https://playism.com/)(運営:株式会社アクティブゲーミングメディア)は、株式会社バカー(代表取締役:中西洋介本社:東京都中野区 https://www.gamemaga.jp/)が運営するゲーム連載メディア「ゲームマガジン」と、Nintendo Switch 版『被虐のノエル』を 2022 年 2 月 10 日(木)に配信開始することを発表いたします。また、本作のゲームオープニング映像となる「カゲロウ・プロジェクト」などで知られるじん氏が書き下ろした本作のゲーム主題歌のミュージックビデオを公開いたしました。

Nintendo Switch版『被虐のノエル』、ついに2月10日登場

2016年の連載開始以来「ゲームマガジン」で高い人気を誇る伝奇アドベンチャーゲームで、コミカライズ、ノベライズはシリーズ累計 31万部を突破し、2019年には豪華声優陣によるドラマCDもリリースされオリコン初登場23位と話題を集めた『被虐のノエル』が Nintendo Switchにて2022年2月10日(木)、いよいよ発売が決定いたしました!

今回は2016年から続くゲームマガジン連載版の前半部に当たるSeason1~Season7を大幅にアップグレードして収録。ゲームや演出が大幅に強化される一方、セリフやストーリーも大きく追加された、まさに本格的なリメイク作品です。今後、 PlayStation®4、Xbox Oneでも同内容の移植が行われる予定です。

 

「カゲロウ・プロジェクト」じんの新曲「逆光同盟」がゲーム主題歌に。
楽曲、そして本作の世界観を表現した本作 OP ムービーを公開。

Nintendo Switch 版『被虐のノエル』では起動後の画面で、オープニングムービーとして、主題歌に乗せてアニメーションが流れます。主題歌「逆光同盟」を手がけたのは、「カゲロウ・プロジェクト」などで有名なじん氏。“じん featuring カシ”として、作品の世界観を深く掘り下げた歌詞と、ピアノの音色が印象的な楽曲を提供しています。
また、ムービーは、カナヲ氏と同じくフリーゲームの世界で活躍してきた、『殺戮の天使』作者の真田まこと氏が監督。同じ個人ゲーム制作者として、本作および「逆光同盟」の歌詞の意図を汲み、多彩な動きのアニメーションで世界観を表現しています。
Youtube: https://youtu.be/sU-9zJbk5_8

【OP映像:制作スタッフ】

▼映像

監督 / Vコンテ / 撮影:真田まこと
原画 / 着彩:negiyan
背景 / 着彩:mineo
動画:日下部一、mineo、negiyan
原作監修 / 原画ラフ提供:カナヲ

▼音楽

主題歌「逆光同盟」Vocal:カシ
Chorus:葛岡みち、高柳千野、渡部沙智子
Drums:伊吹文裕
Bass:二家本亮介
Sax:庵原良司
Guitar, Piano, Programming & All other instruments:じん

Recording Enineers:滑川高広、神谷ちなみ、茂古沼良馬(birdiehouse) Mixing Engineer:滑川高広
Sound Directors & Production coordinate:山田公平(APDREAM)、廣澤優也(APDREAM) Artist Managers:樋口はるき

UI・演出・ゲーム要素などを大幅にアップグレード。本来のプレイしてほしかった『被虐のノエル』へ!

ゲームマガジン連載版では、主にスマートフォン上でのRPGツクールの挙動の限界から、表現可能なゲームや演出が大幅に制約を受けてきました。しかし今回コンシューマ版で発売されるにあたり、その制約から解き放たれて、大幅に様々な要素が強化されました。また、スマホのタップ操作を意識していたプレイ体験も、ゲームコントローラーで遊ぶ観点から見直し、よりコアなゲーム好きの方々の期待にも応えられる内容になっています。まさに「本来プレイして欲しかったゲーム体験」を提供した内容になっています。一方、既に最終章に差しかかった連載版の内容を踏まえ、キャラクターのセリフを掘り下げ、この物語をさらに深く楽しめるようにアップデートしています。本作の最大の魅力であるストーリーを、既にプレイした人も新鮮な気持ちで味わえる内容になっています。

未公開ストーリーSeason3.5 を収録。新規の追加ストーリーが登場!

今回のリメイク版では、さらに新規の追加ストーリーSeason3.5が登場します。
シリーズ初期の「バロウズ編」最終話にあたるSeason3と、シリーズ中盤の「ジリアン編」最初にあたるSeason4の合間に起きていた出来事を、ラプラス市内の様子を描きながら展開していくストーリーとなります。

こちらは完全新規のストーリーとなっており、ゲームマガジンでの連載版を遊んできた人にも初見で楽しんでもらえる内容になっております。住所:大阪市西区靭本町 1-12-6

【あらすじ】
プロのピアニストを両親に持つ少女ノエルは、ラプラス市内で開催されたピアノコンクールで優勝を逃し、栄誉ある“式典奏者”に選ばれず、ひとり絶望を味わうことになる。そんななか声を掛けてきた市長バロウズから選考に不正があったことを聞き、その言葉を信じて彼が指定した廃ビルへ向かったノエル。自身が“本当の式典奏者”になるため大悪魔カロンを呼び出して“契約”をした直後、契約の代償として身体の一部を奪われてしまうのだった。瀕死状態に陥ったノエルだが、バロウズに利用されて怒りが収まらないカロンに救われ、彼からバロウズへの“復讐”を持ちかけられる。協力関係を結んだ二人は、次々と訪れる危機に立ち向かいながらも次第にバロウズを追いつめていく。

【カナヲプロフィール】
ゲーム作家。2015年5月に公開したフリーゲーム『虚白ノ夢』が、同年7月に開催された「ニコニコ自作ゲームフェス5」にて坂口博信賞など複数の賞を受賞。2016年4月よりニコニコゲームマガジンにて『被虐のノエル』を連載。漫画・小説・ドラマCDなどのメディアミックスも展開されている。2021年12月より、サンリオの新コンテンツ『まいまいまいごえん』のゲーム連載も展開中。▼作者Twitter: https://twitter.com/kanawo_tu0

【バカープロフィール】
ゲーム配信メディア「ゲームマガジン」にて、インターネット上にて個人でゲームを制作・投稿してきたクリエイターに連載・発表の場を与え、作品のPR・マーケティングを行う。小説化・漫画化・グッズ化、さらにはアニメ化・スマホアプリ化などの支援も行い、近年は新人賞も開催している。有名作は2018年にアニメ化された『殺戮の天使』をはじめ、『被虐のノエル』『アルネの事件簿』『つぐのひ』シリーズなど。
ゲームマガジンHP:https://www.gamemaga.jp/

タイトル: 被虐のノエル公式HP: https://www.gamemaga.jp/noel/
公式Twitter: https://twitter.com/hgyk_noel
開発元: カナヲ・ゲームマガジン発売元: ゲームマガジン・PLAYISM販売予定価格: 2,480円(税込)(
※変更される可能性があります)
ジャンル:伝奇アドベンチャーゲーム
対応言語:日本語・英語・中国簡体字
権利表記: © KANAWO/Vaka Game Magazine. Licensed to and published by Vaka, Inc./Active Gaming Media, Inc.

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ