謎の洪水によって崩壊した世界を船で旅していく、静かで荒涼とした雰囲気が魅力のパズルアドベンチャーゲーム『ファー:チェンジング タイド』が3月1日に発売決定

 パブリッシャーのFrontier Foundryは1月11日(火)、『ファー:チェンジング タイド』(FAR: Changing Tides)を3月1日(火)に発売すると発表した。あわせて、本作の予約受付も開始されている。

 『ファー:チェンジング タイド』は、2018年にリリースされ高い評価を得た『ファー: ローン セイルズ』(FAR: Lone Sails)と世界設定を同じくするパズルアドベンチャーゲーム。謎の洪水によって水没した世界が舞台の、荒涼とした雰囲が最大の特徴だ。

 プレイヤーはひとり目覚めた少年「Toe」となり、船を操って厳しい自然の中をくぐり抜けていく。パーツをアンロックし故障を直したり、海底の資源を集めるなどして船の機能を維持しつつ、世界に残された遺跡を探索する。

謎の洪水によって崩壊した世界を船で旅していく、静かで荒涼とした雰囲気が魅力のパズルアドベンチャーゲーム『ファー:チェンジング タイド』が3月1日に発売決定_001
(画像はSteam『FAR: Changing Tides』販売ページより)

 また、YouTubeではゲーム内のアセットを利用したサウンドトラックビデオも公開されている。こちらは穏やかな音楽や水、風といった環境音が1時間以上にわたって収録されており、心落ち着くひと時をすごせそうだ。

 『ファー:チェンジング タイド』は3月1日(火)に発売予定。対応プラットフォームはNintendo Switch、PS4、PS5、Xbox One、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)となる。なお、記事執筆時点ではNintendo Switch版のみストアページが公開されていない。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ