チェルノブイリの立入禁止ゾーンを探索するサバイバルホラーFPS『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』の発売日が12月8日に延期、理由はさらなる品質改善のため

 開発元のGSC Game Worldは1月13日(木)、『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』(以下、S.T.A.L.K.E.R. 2)の発売を12月8日(木)に延期することを発表した。

 『S.T.A.L.K.E.R. 2』は原発事故が発生した後のチェルノブイリ一帯を舞台とするサバイバルホラーFPS。『S.T.A.L.K.E.R. SHADOW OF CHERNOBYL』からはじまるシリーズの第4作となる。
 2009年から2010年にかけて発売された『S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyat』以来、およそ13年ぶりのシリーズ新作ということで、「E3 2021」にあわせて映像と発売日が発表された際には大きな話題となった。

 ゲーム中ではチェルノブイリの立入禁止ゾーンに隠された「アーティファクト」を狙う「ストーカー」のひとりとなり、64キロ平方メートルにおよぶ広大な放射能汚染地帯を探索していく。人間同士の派閥の抗争凶暴なミュータントといった脅威の中を生き抜く、ホラーとFPSの融合したユニークな体験が楽しめるようだ。

チェルノブイリの立入禁止ゾーンを探索するサバイバルホラーFPS『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』の発売日が12月8日に延期、理由はさらなる品質改善のため_001
(画像はSteam『S.T.A.L.K.E.R. 2: Heart of Chernobyl』販売ページより)

 今回発表された延期の理由については、開発チームの目標とビジョンを実現し、ゲームを理想的な状態にまで仕上げるためとのこと。そのうえで「本作はGSC史上でも最大のプロジェクトであるため、徹底的にテストを重ね、磨き上げていくことが求められる」という旨のコメントを公開している。

 『S.T.A.L.K.E.R. 2』の新たな発売日は12月8日(木)、対応プラットフォームはXbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store、Microsoft Store)となる。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ