書籍『日本の「ゲームセンター」史』3月3日に発売へ。喫茶店から駄菓子屋までを含む、資料やフィールドワークを元に調べ上げた研究の成果が展開

 教育・人文・社会科学などの分野に関する書籍を手がける福村出版は、研究者の川﨑寧⽣氏による新刊書『日本の「ゲームセンター」史』を2022年3月3日(木)に刊行すると発表した。

書籍『日本の「ゲームセンター」史』刊行へ。発売日は3月3日_001

 立命館大学ゲーム研究センターにて客員協力研究員として籍を置く川﨑氏は、社会統制史や戦後日本史を専門とするなかで、ゲームセンターの店舗形態の多様性と日本社会に根付いた過程や要因を調査し、複数の論文の執筆や講演活動を行ってきた。

 本書籍ではこれまでの研究の成果を踏まえつつ、⽇本で普及した娯楽施設やゲームセンターの歴史を店舗の形態別に4種に分類し、当時の⽂献から新聞・業界誌の記事、フィールドワークの実践を元にその移り変わりや現状を分析するという。

 公開されている目次の内容は以下のとおり。各章の項目から、本書でカバーしている領域の広さが垣間見えるだろう。

第1章 ゲームセンターを対象にした先⾏研究、およびこれまで記述されてきた⽇本ゲームセンター史の整理
第2章 ⽇⽶ゲームセンター史の⽐較分析 ─場所・空間の定着過程に着⽬して─
第3章 ⽇本のゲームセンター史が持つ特殊性の分析
第4章 ゲームセンターにおける店舗形態の特徴 ─先⾏研究における議論の整理を中⼼に─
第5章 ゲームセンターが社会に根付く過程のケーススタディ① ⼤⼈向けゲームコーナー
─都市型娯楽の新しい形としての「ゲーム機が導⼊された喫茶店」─
第6章 ゲームセンターが社会に根付く過程のケーススタディ② ⼦供向けゲームコーナー
─駄菓⼦屋や玩具屋に広がったゲームプレイの形─
第7章 娯楽施設としてのゲームセンターの変遷 ─店舗形態に影響を与えた要素を中⼼に─

 『日本の「ゲームセンター」史』は、264ページのボリュームで5060円(税込)にて販売が予定されている。全国の取り扱い書店および各種オンラインストアで購入でき、すでに予約注文も受け付けているようだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ