『原神』iOS/Android版の累計売り上げに関して「世界で30億ドルを突破」したとの情報が市場調査から明らかに。前年比でアクティブプレイヤー数が約44%増えたとの情報も

 米国の市場調査会社であるSensor Towerは同社のブログにて、miHoYoが配信するオープンワールドRPG『原神』iOS、Android版における世界の累計売り上げが30億ドル(約3900億円)を突破したとする2022年第1四半期のモバイルゲーム業界レポートを明らかにした。

『原神』iOS/Android版の累計売上が世界で30億ドルを突破_001
(画像はGenshin Impact Surpasses $3 Billion on Mobile, Averages $1 Billion Every Six Monthsより)

 発表によると、2020年9月28日にリリースされた『原神』はAndroidストア経由のサードパーティ支出を含めずに、初年度だけで20億ドルの売り上げを計上。今回の30億ドル突破については185日での記録だという。最初の10億ドルは171日で達成していたためリリース時ほどの勢いはないようだが、20億ドルを達成する際にかかった195日からは短縮されており、約6ヶ月ごとに平均10億ドルの売り上げペースを維持しているようだ。

【更新 2022/05/06 21:50】記事初版にて約6ヶ月ごとごとの売上ペースを「平均10億円」と記載しておりましたが、正しくは平均10億ドルです。訂正のうえお詫び申し上げます。

 また、2022年第1四半期における“ガチャ”を主な収益源としたモバイルゲームのグローバル比較では、第2位の『リネージュ W』や第3位の『ウマ娘 プリティーダービー』2億ドル以上の差を付けて、5億6700ドル(651億円)で『原神』が1位にランクインしている。

『原神』iOS/Android版の累計売上が世界で30億ドルを突破_002
(画像はGenshin Impact Surpasses $3 Billion on Mobile, Averages $1 Billion Every Six Monthsより)

 上記のほか、地域別では中国のプレイヤーがiOS版だけでリリース時から9億7,330万ドル(1260億円)を支出しており、全体の30.7%にあたる最大の収益を生み出しているという。なお、日本は23.7%で2位、米国は19.7%で3位。アジア全体で約7割のプレーヤー支出を占めるという。

 上記のほか、レポートではモバイル版のストア別支出について、中国でiOS版へプレイヤー支出が集中する一方、ほかの地域はほぼ半分に割れているとのデータや、優れたサービスの管理・運用を示すものとして前年比で月間アクティブプレイヤー数が約44%増加したとの情報を明らかにしている。

『原神』Ver.2.6「そよ風、紫苑の庭を偲ぶ」特設サイト
(画像は『原神』Ver.2.6「そよ風、紫苑の庭を偲ぶ」特設サイトより)

 2周年も近づきつつある『原神』だが、運営型のゲームとして驚くべき記録をリリースから2年半が経過した現時点でも生み出し続けているようだ。今後も引き続き、新たな記録の樹立に注目したい。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ