デーモンハンターの末裔として悪魔を狩り、大学生活を満喫するオカルト学園RPG『Demonschool』が登場。全プラットフォームで日本語に対応し2023年に発売予定

 パブリッシャーのYsbryd Gamesは6月13日、タクティクスRPG『Demonschool』を発表した。

 対応プラットフォームはPC(Steam、Epic Gamesストア)およびPS4、PS5、Xbox Series X|S、Nintendo Switchで、2023年に発売を予定している。

 Steamストアページによれば、本作は日本語表示にも対応する。くわえて、デベロッパー(開発元)のNecrosoft Gamesは全バージョンが日本語に対応する予定だとSNSに投稿した。

デーモンハンターの末裔として悪魔を狩り、大学生活を満喫するオカルト学園RPG『Demonschool』が登場_01
(画像はSteam:Demonschoolより)

 『Demonschool』はデーモンハンターの末裔「フェイ」となり、人間界と魔界の狭間で異形の者たちを倒しながら、謎の島で大学生活を送るRPGだ。

 ゲームはおもに戦闘パート学園パートのふたつで構成されている。

 戦闘パートのゲームシステムは、グリッド上のフィールドで展開するターン性ストラテジーゲームのフォーマットとなる。戦闘の最大の特徴は、自身が受けるダメージや敵の動きが事前に開示される点だ。

 戦闘ではコンボを繋げるほどダメージが向上する仕様となっているため、つねに仲間や敵の行動、ダメージを参照しながらコンボを組み上げて戦うこととなる。コンボは実行しなければ何回でも組みなおせるため、パズルの様に頭を使う戦闘となっている。

 いっぽうで、従来のターン性ストラテジーゲームが持つ「戦闘中の操作の手間」を極力排しており、操作自体は直観的かつスムーズに行えるという。

 学園パートでは謎の島の大学生として自らスケジュールを設計し、大学生として学んだり、友達と交流することができ、キャラクターのレベルアップや戦闘で活用できるスキルの強化を行えるという。

 学園パートでは15人のキャラクターたちと交流可能であり、親密になれば恋愛関係に変化することもある。また、親密な関係性を結ぶキャラクターによって物語の結末も変化するという。

 学園モノとオカルトがメインモチーフとなる本作は、PC Gamerのインタビューによるとアトラスが2009年にDS向けにリリースしたRPG『女神異聞録デビルサバイバー』の影響を受けているという。このほかに、インタビューでは『龍が如く』シリーズ『戦場のヴァルキュリア』丸尾末広氏、伊藤潤二氏の名を挙げながら、それらからどのように影響を受けているか語っている。

 また、本作は3DCGとドット絵、2Dのイラストを併用した独特のビジュアルを構築しているが、制作において「架空のゲーム機でゲームを制作する」様に制約を設けて開発し、現在のスタイルになっているという。

 興味がある読者はデベロッパーのNecrosoft GamesのSNS公式ディスコード、パブリッシャーのYsbryd Gamesをチェックして発売を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ