『フォールガイズ』基本プレイ無料化から48時間で全世界でのプレイヤー数が2000万人を超える。あまりの盛況ぶりにサーバーエラーなど一部トラブルも発生

 Mediatonicは6月26日(日)、開発を手がける対戦型パーティーゲーム『Fall Guys: Ultimate Knockout』(フォールガイズ)について、基本プレイ無料化の開始から48時間のうちに全世界でのプレイヤー数が2000万人を達成したと発表した。

 最大60名のプレイヤーで障害物が仕掛けられたステージに挑戦し、生き残りをかけて争う同作は6月21日(火)に基本プレイ無料化がスタート。当日は関連ワードがTwitterのトレンド上位にランクインするなど日本国内でも多くの注目を集めた。

 無料化の実施にともない、先行リリースされていたPS4、PC(Steam)版【※】に加え、PS5、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox Series X|S、Epic Games版の配信も開始。各プラットフォーム間でのクロスプレイにも対応し、より遊びやすくなったことも人気を後押ししたものとみられる。

※Steam版は基本プレイの無料化にあわせ、新規の購入やダウンロード受付を停止している。

 一方で、プレイヤー数の急増はサーバーエラーやバグの発生といったトラブルも招いたようだ。迅速なアナウンス対応によりプレイヤーへと周知がなされたものの、想定以上の殺到ぶりであったことがうかがえる。

 なおコスチュームやシーズンパスをはじめとするアイテム購入用のゲーム内通貨は引き続き利用が可能となっており、このたびの無料化で新規に流入したプレイヤー層が今後どのように増減していくのか、またマネタイズへの影響などの点にも注目したいところだ。

ライター
フリーランスの翻訳者を経て、2021年より編集アシスタントとして加入。京都の町屋で猫と暮らす。
Twitter:@dashimaruJP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ