『カップヘッド』のDLC「The Delicious Last Course」6月30日配信開始。2段ジャンプやローリングでの回避もできる新プレイアブルキャラクター「ミス・チャリス」が登場

 Studio MDHRは6月30日(木)、『カップヘッド』の追加ダウンロードコンテンツ「The Delicious Last Course」を配信開始する。公式Twitterアカウントの発信によれば、日本時間では午後10時ごろの配信になるとのことだ。

 『カップヘッド』はもともと2017年にXbox OneとPC(Windows)向けに発売された作品で、カートゥーンを彷彿とさせるかわいらしい手描きのグラフィックと、それに相反するような高い難易度設定が話題となった2Dアクションシューティングゲームだ。これまでにはPC(macOS)やNintendo Switch、PS4にもそれぞれ移植版が発売されてきた。

 「カップヘッド」と「マグマン」の兄弟コンビを主人公としており、ふたり協力プレイにも対応。「デビル」とのギャンブルに負けてしまったふたりが、ほかの債務者たちの“タマシイ”を集めていくコミカルながらもブラックなストーリー展開が特徴である。

『Cuphead』追加DLCが6月30日配信開始。新キャラクター登場1
(画像はニンテンドーeショップ『カップヘッド』販売ページより)

 1930年代のアニメをモチーフとしたデザインのキャラクターたちも高く評価されており、ガチャやフィギュア、スタチューといったグッズ類が豊富に展開。2022年にはNetflixにてアニメ版『ザ・カップヘッド・ショウ!』も配信され、8月19日(金)からはシーズン2が公開される予定となっている。

 今回配信される「The Delicious Last Course」は、それぞれの単語の頭文字を取ると「DLC」となるお洒落なネーミング。これまでに公開されてきた映像では、雪山や西部の荒野といったロケーションが舞台となり、雪男やバッファローをモチーフにしたような新たなボスたちとの戦いが予告されている。

 そして新プレイアブルキャラクターとして「Ms.Chalice」(ミス・チャリス)が登場。彼女は2段ジャンプやローリングでの回避も可能となっており、「カップヘッド」や「マグマン」とはまた異なるプレイングを楽しめるキャラクターとなるようだ。

 くわえて、フィドルやヨーデルの音が印象的な新曲「High-Noon Hoopla」にあわせて本DLCの楽曲の収録模様をうかがえるメイキング映像も公開中。なんと100人以上にもおよぶミュージシャンが集まり、大規模なバンドを組織して楽曲制作に着手したという。

 『カップヘッド』の追加ダウンロードコンテンツ「The Delicious Last Course」は6月20日(木)に配信開始、日本時間では午後10時ごろの配信を予定している。すでに追加コンテンツを利用可能にする小規模なアップデートが配信されているとのことなので、DLCを遊ぶ予定の方はこちらもチェックしておこう。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ