SteamがNintendo Switchの「Joy-Con」に対応。左右をセットにしたひとつのコントローラとしての運用のほか、分離させて個別で使う「おすそわけ」もサポート

 Valveは8月4日(木)、Steamクライアントのベータ版を更新し、Nintendo Switchの標準コントローラである「Joy-Con」の入力に対応したことを明らかにした。なお、こちらのアップデートについては8月5日(金)をもって、修正をくわえる形で再リリースされている。

 Joy-ConはNintendo Switchの標準コントローラであり、左右で独立した独特の構造が特徴だ。Nintendo Switch本体に取り付けた状態で操作したり、「Joy-Conグリップ」で接続することで一般的なコントローラと同様の形状にしたり、片方のみでひとつのコントローラとして運用したりと、さまざまな形態でゲームを遊ぶことができる。

 また、ゲーム中のアクションなどに応じて触感を表現する「HD振動」や、カメラがとらえたものの形や動きを読み取る「モーションIRカメラ」といった機能を内蔵。段ボールのキットと組み合わせて多彩な体験を作り上げる「Nintendo Labo」をはじめとする、さまざまなコンテンツの基盤として利用されてきた。

SteamがNintendo Switchの「Joy-Con」に対応1
(画像は任天堂「Nintendo Switch」公式サイトより)

 今回配信が開始されたSteamクライアントの最新ベータ版では、左右1セットでひとつのコントローラとして運用できると同時に、分離して小さなコントローラとして使う「おすそわけ」方式にも対応しているとのことだ。Joy-Conに慣れているプレイヤーにとっては手慣れた操作でゲームを遊べるようになるほか、1セットでふたりが遊べることからローカルでの複数人プレイ時などにも輝くだろう。

 あわせて、Nintendo Switch Onlineの加入者向けに販売されている復刻コントローラサポートの改善も行われているとのことである。

SteamがNintendo Switchの「Joy-Con」に対応2
(画像は任天堂「Nintendo Switch」公式サイトより)

 Steamクライアントのベータ版については、設定メニューの「アカウント」における「ベータへの参加」から誰でも利用可能。Joy-Conサポートをいち早く体験してみたいという方は、こちらのベータに参加してみてはいかがだろうか。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ