立体的な背景で群像劇を紡ぐ“2D-HD”RPGの続編『オクトパストラベラーII』が発表。前作『オクトラ』の累計出荷本数も300万本を突破

 スクウェア・エニックスは9月13日(火)夜に公開した映像番組「Nintendo Direct 2022.9.13」にて、同社が展開するRPGの続編タイトル『オクトパストラベラーII』を発表した。価格はいずれも税込で通常版がパッケージ・ダウンロードともに税込7800円、スクウェア・エニックスe-STORE限定の豪華版は1万9800円。2023年2月24日(金)にNintendo Switch版PS5PS4版、翌日の25日(土)にSteam版をそれぞれ配信する予定だ。

 あわせて、作品の公式Twitterアカウント(@OCTOPATH_PR)では、全世界における第1作『オクトパストラベラー』ダウンロード版販売を含む出荷本数が累計300万本を突破したとの記録も伝えられている。

 『オクトパストラベラーII』は、新天地「ソリスティア」で新たな時代と8人の主人公による群像劇が展開されるRPGのシリーズ最新作である。浅野智也氏率いるスクウェア・エニックスの“浅野チーム”とアクワイアが手がける本作では、ドット絵と3DのCGを融合した 「HD-2D」技術をよりブラッシュアップ。公式サイトの情報によるとより精彩なドット絵とカメラワークで物語を繰り広げるという。

 また、今作では8人の主人公それぞれに「昼」と「夜」の顔が用意されており、専用技「フィールドコマンド」も時間別にふたつ存在。公式サイトでは松田洋治さんが演じる第二王子の剣士「ヒカリ・ク」や水瀬いのりさんによる踊り子「アグネア・ブリスターニ」の詳細もお披露目されている。

 Nintendo Switch版とPS5/PS4版のパッケージ予約はすでに開始されており、Amazonでは限定の特典として「オリジナルキャラしおり(4連セット)」も付属するようなので、興味があればチェックしておくとよいだろう。

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。 コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ