『ブレイブルー』シリーズの生みの親・森利道氏がアークシステムワークスを退職。「何かしらの形でユーザーの皆様にゲームをお届け出来れば」とゲーム開発を続ける意思を表明

 『ブレイブルー』『ギルティギア』といった作品の開発に携わったことで知られるゲームクリエイターの森利道氏は9月25日(日)、自身のTwitterアカウントにてアークシステムワークスを退職したことを報告した。

 森利道氏はピックパックにて『ギルティギア X』の開発に携わったことがきっかけとなり、アークシステムワークスに入社。多数の格闘ゲームの開発を経て、2008年にはプロデューサー、キャラクターデザイン、シナリオなどを自身で担った『ブレイブルー』アーケード版の稼働が開始された。

 その後『ブレイブルー』はアーケードや家庭用ゲーム機などにおいてシリーズとして展開しており、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』『RWBY』などとコラボレーションした『ブレイブルー クロスタッグバトル』も2018年に発売されている。

 2013年にはアニメ版にあたる『BLAZBLUE ALTER MEMORY』も放送されるなど、アークシステムワークスの代表作のひとつとして高い人気を獲得してきた。

森利道氏がアークシステムワークスを退職1
(画像はニンテンドーeショップ『ブレイブルー クロスタッグバトル』販売ページより)

 近年ではアークシステムワークスの取締役も務めてきた森利道氏は、今回公開されたコメントの中で「アークシステムワークスに入社してから約20年間の多くの経験は、私の人生の宝です」と振り返る。

 あわせて、ユーザーや関係者への感謝の言葉とともに『ブレイブルー』シリーズファンに向けては、自身の退社により不安を生んでしまうことへの謝罪もしたためられている。

 今後についてはアークシステムワークスこそ離れるものの「何かしらの形でユーザーの皆様にゲームをお届け出来れば」と、ゲーム開発の世界に留まる意思を表明した。記事執筆時点では細かなプランなどについては言及されておらず、この先の情報発信にも注目していきたいところだ。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ