『⼥神転⽣外伝 新約ラストバイブルIII 夢幻の英雄』がNintendo Switch向けに11月24日に発売決定。ファンタジーの世界で悪魔ならぬ“魔獣”と共に歴史を紐解く冒険へ

 ジー・モードは11月21日、フィーチャーフォン向けゲームを復刻するレーベル「G-MODEアーカイブス+(プラス)」にて、『⼥神転⽣外伝 新約ラストバイブルIII 夢幻の英雄』Nintendo Switch版を11月24日に発売すると発表した。

 価格は税込1800円となる。

 『⼥神転⽣外伝 新約ラストバイブルIII 夢幻の英雄』は2007年にフィーチャーフォン向けに配信された『女神転生外伝 新約ラストバイブル』シリーズの第3作目のRPG。本作は『女神転生』シリーズから派生しゲームボーイ向けに発売された『女神転生外伝 ラストバイブル』シリーズの作品となっており、『女神転生』シリーズのモチーフや作風を継承しつつ、ファンタジーの世界を舞台にした作品となっている。

 また、世界観がファンタジーの世界となることで、従来では悪魔として登場するモンスターたちは「魔獣」となっている。さらに本作では倒した魔獣がプレイヤーの力を認めて仲間になってくれる「服従アタック」も実装されたことで、今まで以上に効率よく仲魔を集めることが可能だ。

 物語の舞台は、かつて水と緑が豊かで平和な星だった惑星ダミール。しかし、5年前より突如魔獣が出現し、人々を襲撃し始める。誰もが世界を救う勇者を求める世界で、魔獣を引き付ける謎の腕輪「COMP」を身に着けてしまう。

 主人公は謎の腕輪「COMP」の正体を知るため、そして自身の運命と向き合うべく広大な世界へと旅立つこととなる。

 「G-MODEアーカイブス+(プラス)」はこれまでに『女神転生外伝 新約ラストバイブル』や『女神転生外伝 新約ラストバイブルII 始まりの福音』を配信しているため、本作の発売によりNintendo Switchで『女神転生外伝 新約ラストバイブル』シリーズの3作品を続けてプレイ可能だ。

 興味がある読者は復刻された『⼥神転⽣外伝 新約ラストバイブルIII 夢幻の英雄』をプレイし、仲間・仲魔たちと共に、惑星ダミールに語り継がれる歴史の真実を紐解こう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ