いま読まれている記事

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の累計興行収入が早くも1000億円を突破。オープニングで記録したアニメ映画史上最大の記録に続き新たに達成

article-thumbnail-230425d

 東宝東和株式会社は4月25日、イルミネーションと任天堂が共同で制作する『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の累計での興行収入が8億7183万6610ドル(約1168億円)となり、ついに1000億円を突破したと発表した。

 本作の日本での公開日は4月28日となる。

『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』の累計興行収入が早くも1000億円を突破_001

 『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』は、『スーパーマリオ』シリーズのアニメ映画だ。『怪盗グルー』『SING』などを手掛けるイルミネーションが任天堂と共同で制作し、任天堂の宮本茂氏とイルミネーションのクリス・メレダンドリ氏がともにプロデューサーを務める。

 本作にはアクションプラットフォーマー形式の『スーパーマリオ』シリーズのみならず、『マリオカート』を想起させる要素のほか、ドンキーコングらも登場。さらに、物語は原作とは異なり、ピーチ姫ではなく捕らわれてしまったルイージを、マリオとキノピオ、そしてピーチ姫が協力して取り戻すさまを描くという。

 4月10日には映画の興行成績を集積するウェブサイトBox Office Mojoの発表により、北米での推定オープニング興行収入(公開から5日間)が1億4600 万ドル(約193億6000万円)を記録したことが明かされ、『アナと雪の女王2』をしのぐアニメ映画史上最大の記録として大きな話題を呼んだ。

 また、この度の発表によると、オープニング後も勢いは絶えず、本作の興行収入は3週連続で全米No.1を記録し、更なる記録の樹立に期待が高まる。

 国内での公開も迫る『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』。興味がある読者は4月28日の全国公開を楽しみに待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日08時~2024年5月29日09時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ