いま読まれている記事

カプコン、2023年3月期の売上高は1259億3000万円と過去最高に。『モンハンライズ:サンブレイク』が545万本、『バイオ RE:4』が375万本を販売して収益に貢献

article-thumbnail-230511c

 カプコンは5月10日(水)、2023年3月期の連結業績を公開した。

 カプコンは同期の連結業績(2022年4月1日~2023年3月31日)にて、売上高は1259億3000万円(前年同期比14.4%増)と過去最高の数値を記録した。そのほか営業利益は508億1200万円(前期比18.4%増)、経常利益は513億6900万円(前期比15.9%増)、当期純利益は367億3700万円(前期比12.9%増)とされている。

 当連結会計年度ではカプコンの中核事業であるデジタルコンテンツ事業が業績をけん引した。主力シリーズの大型新作である『バイオハザード RE:4』『モンスターハンターライズ:サンブレイク』の投入、さらにデジタル販売を通じたリピートタイトルの販売促進により、年間販売本数は4170万本と前年同期を上回る成果を収めているという。

 決算短信によれば、『モンスターハンターライズ:サンブレイク』は545万本、『バイオハザード RE:4』は375万本の販売を達成。『モンスターハンター:ワールド』『デビル メイ クライ 5』『バイオハザード ヴィレッジ』などリピートタイトルの販売本数は計2930万本と、前期の2400万本を上回った。

カプコン、2023年3月期の売上高は1259億3000万円と過去最高に1
(画像はSteam『バイオハザード RE:4』販売ページより)

 さらにこれらの主力コンテンツと、映像やライセンス商品、eスポーツとの連携の強化も収益の向上に貢献したとのこと。アミューズメント施設事業においても、効率的な店舗運営や新業態店舗の推進、アミューズメント機器事業でのIP活用による販売拡大などに取り組んできたとされる。

 結果として、売上高は過去最高の記録となっており、営業利益以下すべての利益項目で6期連続の最高益を達成。10期連続の営業増益となったそうだ。2024年3月期の連結業績予想については、売上高1400億円、営業利益560億円と、11期連続の営業増益ならびにすべての利益項目で7期連続の最高益を見込むとしている。

 カプコンは5月10日(水)時点で2023年3月期の決算を発表しており、5月16日(火)には同期の決算説明会を行う予定だ。詳細については、公式サイトの投資家情報(IR)ページなどを参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月26日10時~2024年5月26日11時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ