いま読まれている記事

【無料】「ホロライブ」の二次創作ゲーム『ホロキュア』がSteamにて配信決定。『Vampire Survivors』風の作品がカバーとも協議の上で登場へ

article-thumbnail-230512e

 Vtuber「ホロライブ」の二次創作ゲームである『ホロキュア』(HoloCure)が、Steamにて非公式無料ゲームとしてリリースされることが明らかとなった。同作の開発チームが公式Twitterアカウントにて公表したもので、株式会社カバーと協議した上での配信になるという。

 本作は『Vampire Survivors』『Magic Survival』といったタイトルから強い影響を受けた二次創作ゲームとしてitch.ioにて無料配布されてきた作品。プレイヤーはホロライブのタレントたちを操作して周囲から迫りくる大量の敵を打ち倒していき、強力な武器やアイテムを収集していくことになる。

 日本語に対応しており、これまで配信されてきたスタンドアローン版は引き続きitch.ioからダウンロード可能だ。

「ホロライブ」の二次創作ゲーム『ホロキュア』がSteamにて配信決定_001
(画像はitch.io | HoloCureより)

 開発チームは今回の発表の中で、2022年2月から配信をしてきた『ホロキュア』でゲームを簡単に更新するゲームランチャーが削除された件について触れ、解決策としてSteamでの配信に踏み切ったと報告。株式会社カバーと協議し、公開することが問題ないことを確認したと説明した。

 なおitch.ioの配信ページに記載された免責事項では、開発チームがホロライブや株式会社カバーとはまったく関係がなく、本作は二次創作ガイドラインに準拠して制作されていることが明記されている。

 ホロライブは二次創作に関してガイドラインに準拠していれば許容する姿勢を示しており、先日もファンメイドの格闘ゲーム『Idol Showdown』ストアリンク)がSteamで無料非公式ゲームとしてリリースされ、ダウンロード数が20万件を突破するなど大きな話題となっていた。

※格闘ゲーム『Idol Showdown』の発売記念映像

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月15日06時~2024年6月15日07時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧