いま読まれている記事

「遊戯王」人気カードの超大判バスタオルが6月から順次全国のゲームセンターに登場。「サンダー・ボルト」や「死者蘇生」「融合」を120cmサイズで再現

article-thumbnail-230607n

 キャラクターグッズの企画・販売などを手がけるeStreamは、トレーディングカードゲーム「遊戯王OCG デュエルモンスターズ」の人気カードをあしらった超大判バスタオルを6月中旬から全国のゲームセンターで展開すると発表した。

「遊戯王」人気カードの超大判バスタオルが6月から順次全国のゲームセンターに登場_001

 本商品では「遊戯王OCG デュエルモンスターズ」の初期における人気カード「サンダー・ボルト」「死者蘇生」「融合」を再現。カードの比率にあわせた全長118cm、幅80cmの大判サイズとなっており、普段使いにも適しているようだ。

 取り扱い店舗の一覧は下記プレスリリース内の資料にも掲載されているので、興味があればお近くの店舗で獲得に挑戦してみるとよいだろう。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


eStreamより、「遊戯王」のオリジナルプライズ商品が2023年6月中旬より順次展開決定!

株式会社CyberZ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山内隆裕)の連結子会社、株式会社eStream(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高井里菜)は、「遊戯王」のオリジナルプライズ商品を2023年6月中旬より展開することを決定いたしました。

「遊戯王」人気カードの超大判バスタオルが6月から順次全国のゲームセンターに登場_002

■ラインナップ (2023年6月中旬より順次展開)

・「遊戯王」バスタオル(全3種)

「遊戯王」から大人気カードが超大判バスタオルになって現世に登場!!存在感のある120cmのBIGサイズで大胆にカードを再現しました。お家でも旅行先でも大活躍なバスタオルです。

「遊戯王」人気カードの超大判バスタオルが6月から順次全国のゲームセンターに登場_003

サイズ:約120×82cm
素材:ポリエステル等
ラインナップ :全3種(サンダー・ボルト、死者蘇生、融合)

・取り扱い元:株式会社eStream
・コピーライト表記:©スタジオ・ダイス/集英社・テレビ東京・KONAMI

※画像はイメージです。実際の商品とは一部異なる場合がございます。

■取り扱い店舗

取り扱い店舗一覧につきましては以下よりご覧いただけます。
https://prtimes.jp/a/?f=d6792-1291-1781d3e4b04c2d1f1f6e1a9c63ae0d26.pdf

■株式会社eStream

eStreamは、2017年8月に設立され、様々なIPを扱うマーチャンダイジング事業(https://estream-store.com/)、グッズ販売の新しい形であるオンラインくじ事業などオンラインエンタテインメント事業を展開しています。2020年には「スケール感」と「躍動感」にこだわった高品質高級フィギュアブランド「SHIBUYA SCRAMBLE FIGURE(https://shibuya-scramble-figure.com/)」、2022年にはコンビニなどで支払いに使えるキーホルダータイプのキャッシュレスフィギュア「きゃらぺいっ!(https://charapay.toys/)」を展開し、IPの魅力を最大化させるフィギュア開発に取り組んでいます。

■会社概要 http://www.estream.co.jp/

社名 株式会社 eStream
東京本社 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア 23階
代表者 代表取締役社長 高井 里菜

■CyberZについて http://cyber-z.co.jp/

代表取締役社長:山内 隆裕(https://twitter.com/brother0820
スマートフォンに特化した広告マーケティング会社として2009年に設立しました。スマートフォン広告における運用・効果検証、交通広告やウェブCMの制作など、幅広いマーケティング事業を展開。日本に加えて、サンフランシスコ、韓国、台湾にも支社を構え、国内広告主の海外進出および海外広告主の日本展開支援も行っております。 eスポーツ事業として、国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を運営しております。CyberZ100%子会社としては、フィギュア販売やオンラインくじなどのオンラインエンタテインメント事業をおこなう「株式会社eStream」、eスポーツに特化したイベント制作会社「株式会社CyberE」の事業を展開しております。 また、エンターテインメント領域の事業者様との複数の事業展開を通じて、業界活性とビジネス創出に努めてきたこれまでの知見や強みを活かし、企画/制作/運営などをワンストップでご提供する『NFT』のプロデュースや、Web縦読みマンガの企画・制作から販売までの体制を整えるコンテンツ制作スタジオ『StudioZOON(スタジオズーン)』を設立するなど、IPクリエイションにも注力しております。


ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月25日04時~2024年6月25日05時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧