いま読まれている記事

“音が鳴る組み立て1/1サイズファミコン”が付いてくる雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日発売開始。豪華付録のほか、ファミコンレジェンドへのインタビュー、裏技を集めた特集記事など中身もアツい

article-thumbnail-240701h

1983年7月15日に任天堂から発売された「ファミリーコンピュータ」の40周年を祝う雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日より発売開始した。本誌は、「てれびくん」8月号増刊として小学館より発売されている。価格は2860円(税込)。

本誌には、紙で作る「超リアル ファミリーコンピュータ 1/1サイズ」が目玉付録として用意されているほか、宮本茂氏、堀井雄二氏、シブサワ・コウ氏、高橋名人の“ファミコンレジェンド”へのインタビューも掲載されている。

雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日より発売開始。組み立て1/1サイズファミコンが付いてくる_001

本誌の付録、「超リアル ファミリーコンピュータ 1/1サイズ」は、紙で作る組み立て式だ。大きさ、色、デザインもこだわった仕上がりで、EJECTをスライドすると、組み立て付録である『スーパーマリオブラザーズ』のカセットを出す事も可能。さらに、黒いコードも本物とほぼ同じ長さになっているという。

付属の「Ⅰコントローラー」は、十字ボタン下、SELECT、START、Aボタン、Bボタンを押すと『スーパーマリオブラザーズ』のゲーム音が鳴る仕様になっており、組み立てた後も楽しむことができる。

雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日より発売開始。組み立て1/1サイズファミコンが付いてくる_002

雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日より発売開始。組み立て1/1サイズファミコンが付いてくる_003

雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日より発売開始。組み立て1/1サイズファミコンが付いてくる_004

他には、中にマリオやクリボーのイラストが描かれた全48ページの「ファミコン思い出ノート」、『ドンキーコング』『ロックマン2』をはじめとしたファミコンゲームに登場する人気キャラクターたちのシール、ファミコンのパッケージ復刻ポスターもついてくるなど豪華な付録が盛りだくさんだ。

なお、本誌の中では、宮本茂氏、堀井雄二氏、シブサワ・コウ氏、高橋名人のファミコンレジェンドに「今だから語れるファミコン話」を熱く語ってもらったインタビューも掲載されている。

雑誌「ファミコン四十年生」が7月1日より発売開始。組み立て1/1サイズファミコンが付いてくる_005

また、当時の裏技記事からNintendo Switchでもプレイできるものを掲載する「復刻 裏技」のほか、幻のディスクライターも掲載され、ゲーム進化論を徹底分析しているゲームソフト特集「くらべるファミコン図鑑・くらべられないファミコンソフト図鑑」など多くの特集ページでファミコン40周年を盛り上げている。

ライター
何気なくプレイしたNieRオートマタによってゲームの魅力に完全に取り憑かれてしまった。
オープンワールド大好き。
FPSと他ジャンルを反復横跳び。
いいものはなんでも人に紹介したくなっちゃう。 ちょっとこれ見てみて!

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月16日22時~2024年7月16日23時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ