新着記事

ダークソウルおじいちゃんは1472回死んでいた!〜テレビで話題の80歳が実践する、濃厚ゲームライフ〜

 今回で3回目の開催となる、デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント“闘会議”。2017年2月11日(土)、12日(日)に開催される“闘会議2017”は、「ゲームと一緒に、生きてきた。」というテーマを掲げている。

 電ファミ編集部では、この「ゲームと一緒に、生きてきた。」というテーマを体現し、ゲームを通して人生を謳歌している人々に、インタビューを行うことにした。

 今回登場するのは、大阪府堺市で理髪店を営んでいる加三清(かさん・きよし)さんだ。加三さんは80歳という高齢にもかかわらずゲームを趣味としており、高難易度のために“死にゲー”などとも呼ばれるアクションRPG『ダークソウルⅡ』を、とりわけ熱心にやり込んでいる。その様子が関西のTV番組で紹介されると、インターネット上で“ダークソウルおじいちゃん”として一躍話題となり、日本国内はもとより海外まで広く知られることとなった。

 今回は、加三さんの自宅を訪問して、ゲームをプレイしている様子を間近に見せてもらった。そこで知ることができたのは、加三さんが『ダークソウルⅡ』だけでなく、幅広い種類のゲーム、それもかなり“濃い”タイトルを深くやり込んでいるという事実だった。
 ゲームとの出会いからお気に入りの作品まで、80歳の“コアゲーマー”が日々楽しんでいる、充実したゲームライフの全貌をお伝えしよう。

image002

取材・文/伊藤誠之介


“ダークソウルおじいちゃん”は、“ガルパンおじいちゃん”でもあった!?

――本日はよろしくお願いします。こちらのお部屋でふだん、ゲームをプレイされているんですね?

加三清さん(以下、加三):
 そうそう。座椅子を置いて、半分寝っころがりながら。

テレビの前に座椅子を置いて、くつろぎながらプレイするのが加三スタイル。この半分寝っ転がってるような姿勢が、一番リラックスしてプレイできるらしい。
テレビの前に座椅子を置いて、くつろぎながらプレイするのが加三スタイル。この半分寝っ転がってるような姿勢が、一番リラックスしてプレイできるらしい。

――ゲームを並べられている棚を拝見すると、初代のプレイステーションからPS2、PS3と、本当にいろんなゲームをプレイされているんですね。PS3が2台置かれていますが?

加三:
 PS3は最初、初期型でやってたんやけど、壊れてしまいよって。そやから今は、新しいPS3でやってる。初期型やないと、PS2のゲームがでけへんから、修理できるもんなら直したいんやけどな。

――ここに置かれているゲームはどれも、最後までクリアされているんですか?

加三:
 もちろん。

――アイテムを全部集めるとか、そういったやり込み要素もやられてます?

加三:
 やってる。それも全部やり尽くすまでは、やめへん。

――ゲームだけじゃなくて、攻略本もけっこうたくさんありますよね。こういったものも参考にされているのですか?

加三:
 この武器がどれぐらいのレベルで強いとか、そんなんは本がないと分からへんから。自分としてはやっぱり、いちばん最強の武器、それを取りに行きたいねん。

――なるほど。コメントの内容が、完全にやり込み派のゲーマーですね。……ところでゲームとは関係ないんですけど、こちらに『宇宙戦艦ヤマト』のプラモデルがたくさん積み上げられてるんですが、これも加三さんが作られてるんですか?

ゲーム部屋の隣には、かなりの量のプラモデルが積み上げられていた。
ゲーム部屋の隣には、かなりの量のプラモデルが積み上げられていた。

加三:
 いや、作ったらあかん。封を切ったら価値がないねん。

――あっ、コレクションなんですね。ということは、その下に置かれてるアニメのブルーレイも、加三さんのコレクションなんですか? 『ラブライブ!』とか、『ガールズ&パンツァー』とか。

プラモは作らないが映像作品はちゃんと観るのが、加三スタイル(笑)。
プラモは作らないが映像作品はちゃんと観るのが、加三スタイル(笑)。

加三:
 もちろん。これは一応皆少女もんやけど、特に音楽がええな。

――ちゃんとご覧になってるんですね。僕らは今回、“ダークソウルおじいちゃん”ということで取材に来させてもらったんですけど、それだけじゃなくて“ラブライバー”でも、“ガルパンおじいちゃん”でもあるわけなんですね(笑)。スゴいなぁ、ホントに感性が若いですね。

関西の方らしく、こちらの質問に対して秀逸なボケを交えつつ答えていく加三さん。とにかく元気でおもしろい人だ。
関西の方らしく、こちらの質問に対して秀逸なボケを交えつつ答えていく加三氏。とにかく元気でおもしろい人だ。

60歳の還暦のお祝いに、初代プレイステーションをプレゼントされてゲームを初体験

――ここで改めて、加三さんの経歴を伺いたいのですが。加三さんは“Barberカサン”というお店を営まれていますが、理髪師のお仕事はどれぐらいから?

加三:
 高校を途中で辞めて、家の手伝いを始めたから、かれこれ60年以上やってる。

――ということは、もともと家業として、理髪店をやられていたんですね。お店の外観も、かなり年代を経ていて趣深いですよね。

レトロな雰囲気を醸し出す、Barberカサン。
レトロな雰囲気を醸し出す、Barbarカサン。

加三:
 江戸時代の髪結いから四代続いてる。この建物自体は、昭和27年からやな。

――加三さんはゲーム以外にも、さきほどのプラモデルなど、かなりたくさんの趣味をお持ちだそうですが?

加三:
 カメラは相当に長いな。ニコンの世界的なファンクラブで、ニッコールクラブいうやつがあるねんけど、そこのコンテストで世界一になった。

――それはスゴいですね。

加三:
 それからこういうのもやってる。これの作り方、分かります?

なかなかに作りが細かい、ボトルシップの中の人形。
なかなかに作りが細かい、ボトルシップの中の人形。

――いわゆるボトルシップ的なものですね。どうやって作られるのですか?

加三:
 店のお客さんに「作り方が分かったら、やる」って言うてんねん。せやから、作り方は秘密や(笑)。あとはガラスと七宝焼きの技法を使うて、こういうアクセサリーも作ってるし、そこに飾ってるガラス絵も、自分で描いてる。

 ガラス絵いうたら普通は、ステンドグラスみたいに色と色がくっきり分かれてるもんなんやけど、こういうふうに下の色が透けて見えるのは、自分で考えた。

――なるほど、これもスゴいですね。ちなみに、この絵のモデルの方は?

加三:
 店の前を歩いてた女の人を、声かけて呼び止めた。最初はビックリしてたけどな。

――それはビックリしますよね(笑)。それで、こんなにいろんな趣味をお持ちの加三さんが、ゲームを始められたきっかけは?

加三:じつは(この取材日の)昨日、80歳の誕生日やったんやけど、60歳の還暦のときに、次男がプレイステーションと『エースコンバット』【※】の1を、祝いにプレゼントしてくれてん。

※『エースコンバット』
1995年にナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)から発売された、プレイステーション用のフライトシューティング。以後シリーズ化されて、さまざまなハードで登場している。

――じゃあ60歳までは、ゲームを遊んだことはなかった?

加三:
 それまではゲームのことをぜんぜん知らんかった。手元のコントローラも見んと画面だけ見て、よう分かるなと思うてた。だけどまぁ、自分でちょっとやりだしたら、そんなこと忘れてハマってしもうて。

 『エースコンバット』っていうのは、ドッグファイトって言うんか、ジェット機で戦うやつなんやけども、これがおもしろい。敵に後ろにつかれて、振り切らなあかん思うたら、いったい天がどこで地がどこで、それも分からんぐらい回転する。これはちょっと性根入れてやらなあかんなと思うて、もっと続けようと。そこからいろんなゲームをやりだした。

image015

この記事へのコメント28

コメントを書く
  • 「闘会議関連の企画? 単に宣伝っぽい奴はダメだよ」
    ……とかいうやり取り中で、スタッフから恐る恐る出てきた企画がこれ。説明を聞いて「こりゃーやるしかないでしょ!」という感じだったけど、想像以上にガチで、凄いおじいちゃんでありました。自分も将来、かくありたいね(;´Д`)
  • YOU DIEDてw
  • ダークソウルおじいちゃん見習いたい!
  • こうやって歳を取りたいなぁ。ゲームをやり続けてるっていうのもあるけど、それ以外にも何でも手を出してみる姿勢とか、触ってみたものはやれるところまでやり抜く所とか、いいなと思う。
  • フロム脳を持つジー様・・・
    偏見かもしれないが、フロムゲーにはまる人間ってゲーム以外にも趣味を持ってる人が多い気がする。

    クリエイター魂と言い、年をとってもかくありたいものだ。
  • こうありたいな
  • 理想の老後すぎますね(*´∀`*)
    常にレベルアップ!見習いたい所存です。
  • ダークソウルお爺様はすごく素敵な方だったし、記事もとても素晴らしく感じました。
    どんなことでも、気になったら飛び込んで実践していくとてもかっこいいですねっ。
    こんな素晴らしい記事に出会えて良かったです。
  • 補足的事項が抜けてる記事にも感じる。もうちょい分かりやすく言った方が誤解が少なくなるかも。
    この方は「何にでも好奇心を持って接する」「面白いと思った事はやってみる」という生き方をしてきていて、その結果ゲーム「も」やっている、という点。
    分からないことを分からないままにしない、面白いと思えることに挑戦してみるということが大事なのであって、老後になってもゲームしてることを真似て欲しいわけじゃない。
    仕事をしつつ、別分野の趣味で一定の成果を出した上でその上を考える「向上心」と、そのための手段・方法として別の世界を体験してみることで物の見方が変わってくるという自身の考え方に則ってやっている結果がゲームであり、社会や文化を穿った見方をして差別し食わず嫌いにならず、なんでもやってみるってことをこの方は推奨してるんだよね。
  • ↑ダークソウルⅡの2周目って書いてある
  • その回数が何周したものなのか、そもそもシリーズ通してなのか初代だけの話なのか
  • 生まれた年代とゲームやアニメ、いわゆるオタク的素養とは相関が全くない、というお話。
  • フロムはサービス精神がぜんぜんない、だがそこがいい、ってのが尊敬できる。
    人間は何歳になっても新しいことを始められるというのも心に残る。ゲームは1回の人生では経験できない体験を仮想的に体験する事が出来るので、ゲームを通じて同じ時間でもより多くの事を学ぶ事が出来るんじゃないかなぁ。
  • 理想の老後だよな。こんな感じで一生過ごしたい
  • これは良記事。ゲーマーとしても人としてもガチスタイルのおじいちゃまが素敵すぎる件。(; ・`д・´)
  • ワシ今54才のアイマス2スコアタじじいだけど、この方を見てると人生間違ってなかったと確認できて幸せ。
  • 仮面巨人先輩じゃないか・・・
  • ストーム1
    応答せよ
  • 俺も死ぬまでゲームやり続けるんだろうなー。やり続けられたらいいなー。
  • こんな好奇心溢れるおじいちゃんになりたいw
  • 還暦から「エースコンバット」を始めて、80歳の今、「ダークソウル2」を976時間以上やっているおじいちゃん。やりこみがすごい。
  • インベーダーブームの頃に会社サボってハマってた40代が80歳前後になってるので、そのへんの今も知りたいなー
  • 若々しくて素敵な人だと思いました。私はクリアしたら飽きてしまうので、カンストさせるまでプレイするのは尊敬します。
  • 自分の父母、あるいは祖父祖母にパソコンを教えたりゲームをやらせてみようとした事のある人ならこれがどれだけ凄いかわかる筈。
    年を取るとどのボタンが何に対応してるか覚えるだけで一苦労なのだ。マリオですら歩きながら飛ぶという基本行動さえバラバラ。
    さらにRPGやSLGのシステムを覚えさせて遊ばせるなんてほとんど無理と言ってもいいぐらい。
    今までずっとゲームプレイしてきたからとはいえ、ダークソウルのアクション性や装備やら何やら細かい操作、仕様をしっかり把握して80歳で遊べるなんて凄い事。
  • ゲームを楽しむ事に年齢や時代は関係ないんだね!
  • この人にPSPのキングスフィールドプレイさせて、フロム脳を壊してみたい
  • 記事を読んでると語彙の鮮度が高くて、「新しい知識」に対してすごく貪欲な方なのがわかる。
    ゲームの枠を飛び越えて読む価値のある記事だった
  • 少年に戻るってこういうことなのかな
コメントを書く

関連記事

新着記事