【ポリゴン】 【ぽりごん】コンピューターグラフィックスで立体を表現する際に用いられる、多角形のこと。スプライトを使ったグラフィックと比べて、リアルで滑らかな動きが表現可能で、移動、回転、拡大、縮小が簡単に行えるのが特徴。商業用ゲームとして世界で初めてリアルタイム3Dポリゴンを採用したのは、1983年に発売されたATARIの『I,Robot』。

 現代ゲーム用語大全 目次に戻る

その他の4コマ漫画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ