『牧場物語』のような農村生活ゲーム『Stardew Valley』が960円→600円。パンクな洋ゲーシューティング『Black Paradox』も480円→120円。他2本【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

『牧場物語』のファンが個人で作り上げた農村生活ゲーム『Stardew Valley』がセール開始。

昔の洋ゲーのようなパンクな雰囲気の横スクロールシューティング『Black Paradox』が最安値に。

ニコラ・テスラとラヴクラフトが壮絶に戦う科学vsオカルトシューティング『Tesla vs Lovecraft』がセール中。

 『バルダーダッシュ』をダンジョン探索型にアレンジした『Captain Cowboy』が無料配布を開始。

台湾Rayarkの音楽ゲーム『Cytus II』が新アーティスト「初音ミク」追加記念で無料配布。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『Stardew Valley』
iOS 960円 → 600円、Android 960円
6/24 追加

 荒れた農地を開拓し、農場を運営しながら、農村での生活を満喫するスローライフ・シミュレーション。
 『牧場物語』のファンが長い年月をかけて作り上げた、個人製作の海外版『牧場物語』。
 PC版はもちろん、専用ゲーム機にも移植され、大ヒットとなった作品。Android版も今年2019年3月に公開された。


『Black Paradox』
iOS 480円 → 120円
6/24 追加

 古い洋ゲーの雰囲気を持つ横スクロールのシューティングゲーム。
 欧米のシューティングなため、自機が高耐久で当たり判定も大きめだが、被弾しながらごり押しで進むといった感じではなく、弾よけのテクニックも要求される。
 弾幕も出てくるが、どちらかというとパターン化で攻略するタイプ。
 豊富な武器が用意されており、パーツを購入して自機を長期的に強化する要素もある。


『Tesla vs Lovecraft』
iOS 1080円 → 240円、Android 999円 → 240円
6/24 追加

 マッドサイエンティスト「ニコラ・テスラ」が、狂気の小説家「ラヴクラフト」が呼び出すクトゥルフの異形を超電磁兵器で蜂の巣にする、2スティック制の全方向スクロールシューティング。
 狭いフィールドを逃げ回りながら、大量に出てくる敵を銃撃で一掃していくゲームだが、テレポートを駆使し、ロボや核まで持ち出すテスラの破天荒ぶりで話題に。
 アップデートも続いていて、新武器などが追加されている。


『アルトのオデッセイ』

iOS 600円 → 240円、Android版は本体無料で広告・課金型
6/24 追加

 ロングセラー作品『Alto’s Adventure』の続編。今回は砂漠が舞台。
 グラデーションが美しい、印象的な風景の中をスノーボード(サンドボード)で疾走するカジュアル・ランゲーム。
 壁走りなど、いくつかの新アクションも追加されている。

セール継続中のアプリ

『Captain Cowboy』
iOS 120円 → 無料、Android 120円 → 無料
6/20 追加

 穴掘りパズルの古典作品『バルダーダッシュ』をSF迷宮探索ゲームにアレンジ。
 『バルダーダッシュ』のルールと雰囲気はそのままに、広大な宇宙ステーションの廃墟に挑む。
 レトロにこだわったグラフィックが特徴。滅多にセールしないうえに無料配布なので注目。


『CHAOS;HEAD NOAH』
iOS 3000円 → 2000円、Android 3000円
6/17 追加

 引きこもりのオタクが猟奇連続殺人事件に巻き込まれるサイコホラー・サスペンス。
 『CHAOS;HEAD(カオスヘッド)』の改修版で、シナリオに修正や追加がある。
 『シュタインズゲート』の1年前という設定だが、ストーリーに繋がりはない。
 サブカルチャーのネタとともに、精神的に圧迫されるようなストーリーが展開されるが、後半になるとラノベ感が強くなる。
 iOS版はiPhone用とiPad用が別になっているので注意。価格は同じ。
 Android版は本体無料で、各章を別途購入する形になっている。


『CHAOS;CHILD』
iOS 4800円 → 3000円、Android 4800円 → 3000円
6/17~7/28

 『CHAOS;HEAD』、および『CHAOS;HEAD NOAH』の続編。
 前作の6年後という設定のため、登場人物はさま変わりしているが、ストーリーに繋がりがあるため、前作をプレイしていたほうが良い。
 今回の主人公は自称「リア充」で、前作とは真逆だが、猟奇連続殺人にまつわるサイコホラー・サスペンスという点は共通している。
 前作よりサブカルネタは少なめで、学園モノになっているため最初からラノベ的。


『Danmaku Unlimited 2』
iOS 600円 → 120円、Android 420円 → 110円
6/15 追加

 サイバーなグラフィックが特徴の、同人的な縦スクロール弾幕シューティング。
 弾幕と光の演出が美しく、ゲーム展開も非常にハデ。スコアは「かすり」で増えていくタイプ。
 長期的な強化要素もあるシューター御用達のアプリ。


『Danmaku Unlimited 3』
iOS 600円 → 120円、Android 560円 → 110円
6/15 追加

 美しく危険な弾幕を楽しめるスマホ定番の弾幕シューティングシリーズ3作目。
 サイバーなグラフィックと派手な演出は相変わらずで、「かすり」の楽しさも健在。
 長期的な強化はなくなっているが、自機のタイプは複数から選択可能。


『Titan Quest』
iOS 840円 → 400円、Android 900円 → 450円
6/16 追加

 PCで2006年に発売された『ディアブロ』型のアクションRPGを、ほぼそのままスマホ/タブレットに移植したもの。
 並みいる敵をバタバタと倒しながら、細密なグラフィックの広大な世界を旅する大ボリュームの作品。
 発売当初は安定性に問題があったが、現在の最新機種なら軽く動作する。


『Cytus II』
iOS 240円 → 無料、Android 240円 → 無料
5/31 追加

 『Deemo』で知られる台湾のメーカーRayarkの音楽ゲームにして、ロングセラー作品『Cytus』の続編。
 管理された未来社会でライブを行うアーティストの活躍を描く、SFストーリー仕立ての音楽ゲーム。
 昨今のスマホの音楽ゲームはアイドル系のソーシャルゲームが多いが、それらとは一線を画すコアな音ゲーで、難易度は高め。
 新アーティストとして「初音ミク」が追加された記念セール。ただしミクのアンロックには1200円の課金が必要。


『鉄の海兵隊(Iron Marines)』
iOS 600円 → 360円、Android 540円 → 320円
6/5 追加

 『Kingdom Rush』の開発チームが手がけた新作で、今回はタワーディフェンスではなくRTS。
 ヒーローと数人の兵士で敵を迎撃し、敵基地を制圧しつつ、砲台を築いて守りを固めていく。
 丁寧に作り込まれた作品で、やや歯応えのある難易度。


『魔法少女マホのスイーツ争奪大作戦!』
iOS 360円 → 120円、Android 360円
5/24 追加

 中音ナタ先生が描く可愛らしいキャラクターと、お菓子の国がテーマのゆるい世界観が特徴の、和製ローグライク・カードゲーム。
 見た目に反して難易度は高めだが、このタイプのゲームとしては比較的シンプルで、親しみやすい雰囲気がある。
 先日当サイトで紹介したばかりだが、ちょうどセール開始。


『STEINS;GATE 線形拘束のフェノグラム』
iOS 3000円 → 2000円
5/24 追加

 アニメ化もされている大人気ノベルアドベンチャー『シュタインズゲート』の派生作のひとつ。
 「公式アンソロジー」といった内容で、各登場人物に焦点を当てた物語を、様々な作家が描いた短編集。
 相応のボリュームの作品が10本も入っているため、総量はかなりのもの。セリフはフルボイス。
 なお、Steamでは『STEINS;GATE ELITE』の特典になっており、Nitendo Switchでは派生作をまとめた『STEINS;GATE ダイバージェンシズ アソート』に同梱されている。

最近セールが終了したアプリ

『INKS.』
iOS 360円 → 240円
6/20~6/24 終了

 色の付いた壁にボールを当てると、そこから絵の具がビチャッと出てくるアートなピンボール。
 あまり「綺麗」という感じではないため賛否あるが、前衛芸術や現代美術のような作品。
 Appleがかなり推していたアプリのひとつ。


『Deemo』
iOS 240円 → 120円、Android 240円 → 120円
6/20~6/23 終了

 Rayark の出世作にして、スマホの音楽アプリの定番。
 『ビートマニア』のスタイルだが、ピアノ曲に特化しており、判定も甘めで気持ちよく演奏できる。
 とても雰囲気の良い物憂げなストーリーがあり、独特の世界観を作り上げている。
 新曲追加のアップデート記念セールで、23日まで。

関連記事:

多忙な人にこそスローライフで息抜きを。海外版『牧場物語』といえる大ヒット農場運営ゲームのモバイル版【レビュー:Stardew Valley】

科学の力はクトゥルフの異形に打ち勝つことができるのか?ニコラ・テスラとラヴクラフトが壮絶に戦うシューティングゲーム【レビュー:Tesla vs Lovecraft】

『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧