カイロソフトのスポーツクラブ運営ゲームの決定版。いま注目のバスケがテーマ【レビュー:バスケクラブ物語】

 モバイルの経営シミュレーションゲームの老舗「カイロソフト」が、バスケットボールチームを運営するアプリを公開しています。
 『バスケクラブ物語』です。

 『サッカークラブ物語』『テニスクラブ物語』『野球部ものがたり』に続く、スポーツ系のカイロソフト作品。
 内容は『サッカークラブ物語』をバージョンアップし、バスケに変えたような感じですね。

 今作の大きな特徴は、難易度がやや高めなこと。
 新たなチームやリーグに挑めるようになっても、無計画に挑むと連戦連敗することになります。
 試合や練習で疲労が溜まるため、選手の体力や調子のケアも必要で、計画的な育成が必要。

 このため、ストアレビューでは「ぜんぜん勝てない! クソゲー! ★1」といった意見が散見されますが、ここ最近のカイロゲームは簡単なものが多かったため、むしろこの歯応えのある難易度は、やり応えがあって良いですね。

 初回のプレイでは世界リーグで勝つのは困難で、データの引き継ぎを利用し、周回しながら挑む必要があります。
 これも、最近のカイロ系では乏しかった「2周目以降の楽しさ」を生んでいて、長く楽しめる内容に繋がっています。

 価格はiOS/Androidとも600円。
 買い切りゲームなので課金・広告・スタミナ等はありません。
 このページの画像は横向きになっていますが、縦でも横でも遊べるゲームです。

 選手を獲得し、特訓を重ね、クラブ施設を充実させ、世界に通用するバスケットボールチームを育てていきます。

 最初、クラブにはコートとロッカー、倉庫、自販機ぐらいしかありません。
 選手も素人レベルの人が数人いるのみ。
 ただ、必要最低限の人数はそろっているので、とりあえず試合はできます。
 また、通常の練習は自動のため、眺めているだけでもゲームは進行します。

 しかし練習でも選手の体力は結構減少し、特訓や試合を行えばもっと下がります。
 体力が下がったままでは実力を発揮できず勝てません。
 コートをタップし、練習メニューを「調整重視」に変えるなどして、体力をキープする必要があります。

 そして、試合をする相手の選択も重要。
 まだ勝ったことのないチームに勝利することで、新しい対戦相手が登場しますが、このゲームは勝てないと特訓ポイントもお金もあまり得られません。
 格上に挑んで負けるぐらいなら、格下と戦って経験を積む方が得られるものは多いです。

 もしここで、無理な練習や挑戦で負け続けていると、得られるポイントが少ないので育成がままならず、お金が貯まらないから設備も整えられず、新しい選手と契約することもできず、ずっと勝てないということになりかねません。
 「全然勝てない!」と言っている人は、おそらくこの悪循環。

 「勝てないなら、勝てる相手と戦う」のがこのゲームの鉄則なので覚えておいて下さい。

みんなでゴロ寝中。勝利のためには休息も大切。
ゲーム序盤はアイテムでの回復が難しく、スタミナやレベルも低いので、疲労が溜まりやすい。
練習方針を「調整重視」にして回復することが、すごく重要になります。
疲労したままでは勝てるチームにも勝てません。
まだ勝ったことのない相手に勝つと、スポンサーや選手が登場したり、新しい試合が出てきたりしますが…… 負けたらファンが減るし、買った時に比べて良いことは何もない。
苦しいときは弱めのチームと、地道に練習試合を繰り返しましょう。
主力の疲労を溜めないよう、2軍で格下と試合をして特訓ポイントを溜める手もあります。

 試合シーンも、ほぼ眺めているだけで進行します。
 しかしユニークなドットキャラがちょこまか動いて試合をする様子は、見ているだけでも楽しめますね。

 プレイヤーは監督として、作戦の選択や選手の交代ができますが、他に選手の「オーラ」の発動も指示できます。

 選手は試合中に「オーラゲージ」が溜まっていき、最大になると任意のタイミングでオーラを出してパワーアップさせられます。
 ステータスが上がるのはもちろん、移動速度も上がり、目に見えて活躍するため、いつ使うかはかなり重要。

 オーラゲージは次の試合に引き継げるため、楽勝の試合では温存する、格下と練習試合をして強い相手と戦う前にゲージを溜めておく、といった戦略も必要になります。

画面下に並んでいる選手アイコンの、背景の白い部分がオーラゲージ。
ゲームが進めば、敵も赤いオーラを出すようになります。
試合開始前、選手をダブルタップして「応援ポイント」を使うと、オーラゲージをアップさせ、調子も回復させることができます。
応援ポイントは特訓にも使うので、残しておきたいところではありますが、格上に勝つなら時には必要。
調子は食べ物アイテムを使うことでもアップします。
作戦はかなり重要。序盤は3Pシュートしてもなかなか入らないので、シュートレンジを短くして、選手はゴール下に集めた方が良いでしょう。
ディフェンス戦術はマンマーク優先がおすすめ。
ゾーンにすると位置取りを優先し、前の方に一人残すといった戦法を使えますが、敵をフリーにしていると打たれ放題になります。
フォーメーションは戦術や選手の能力に応じて決めるべきなので、これが正解というのはありません。

 試合をすれば、ハートや特訓、買い物の各ポイントと、経験値、そしてお金を得られます。
 前述したように、勝った方が実入りは良いです。

 「買い物ポイント」はショップでアイテム、そして「お店」を買うのに必要。
 このゲームのクラブハウスには練習コートの他に「ショッピングエリア」があり、そこには自由にお店を配置することができます。

 最初は自販機や食堂しかないクラブにも、ハンバーガー屋やピザ屋、シューズ屋などを建設することができ、そのうち床屋やゲーム屋、学校や博物館など、もはやバスケクラブとは思えない施設も建設可能に。

 試合に勝ったり、「ハート」を使った「地域活動」を行うことで、新たなお客さんが招待され、これらのショップを訪れてくれます。
 序盤の収入源は主に試合ですが、中盤からはショッピングエリアが収益の中心になります。

 お金がないと有力選手の獲得は行えません。
 また、お店の利用によっても、ハート・特訓・買い物の各ポイントは増えていきます。
 カイロソフトのゲームらしく、ショップの経営もクラブの強化には必須です。

賑わうショッピングエリア。収益を増やすにはお客さんを増やすことが大切ですが、もうひとつ重要なのは選手を増やすこと。
選手もお店で買い物をするので、利益が上がり、ショップのレベルも上がりやすくなります。
選手は40人まで所属できるので、かなり余裕があります。
安く簡単に雇える人は、とりあえず雇っておくと良いでしょう。
ハートを使って実行できる様々な地域活動。
選手やスポンサーが見つかるだけでなく、ファンが増え、応援ポイントを得られ、お客さんのレベルが上がり、アイテムや新しい顧客も発見できます。
ハートに余裕があるなら常に実行しておきたいところ。

 育成面で重要なのは「特訓」
 ポイントを使い、特定の能力を狙ってアップさせることができます。

 特訓にはレベルがあり、例えばスタミナ特訓の「ジョギング」は、何度も繰り返していると「水泳」、「シャトルラン」、「フルマラソン」と強化されていきます。
 Lv3以上になると全能力が上がるため、まずはどれかひとつを集中して繰り返すのが良いでしょう。

 ただ、特訓にはもうひとつ、スキルの修得という重要な役割もあります。
 シュート練習なら「シュートフェイント」や「3Pシューター」、ジャンプ練習なら「ダンク」や「アリウープ」といった、関連した特技をたまに獲得できます。

 上位のスタミナ練習ならシュート能力も上がりますが、だからと言ってシュート練習をしなかった場合、シュート系のスキルを獲得できません。
 スキルのことも考えると、それぞれの特訓の使い分けも必要です。

 もうひとつ、特訓や地域活動、選手獲得で重要になるのは「スポンサー」
 このゲームのスポンサーはお金をくれるだけでなく、それぞれ固有の効果を持ちます。
 例えば、新聞社は特訓の効果をアップさせ、旅館は特訓のポイント消費を軽減します。

 よって特訓前に新聞社や旅館をメインスポンサーにセットしておけば、特訓をより効率的に行えます。
 地域活動のハート消費を抑えたり、選手の獲得交渉を有利にするスポンサーもいます。

 メインスポンサーは一度セットすると3ヶ月変更できないので、計画性を持ってスポンサーとポイントを使うことが大切ですね。

特訓は応援ポイントを使うと効果が上がるため、ステータスアップ目的の特訓は常に応援ONで実行したいところ。ただ、スキル修得目的なら応援は無理に必要ありません。
ジャンプ特訓で得られる「ダンク」は、主力選手にはぜひ欲しい技能。
ただし、特訓によって体力と調子が落ちるため、リーグ戦の途中に行うときは注意。
ハートを使う特訓「ぐっすり睡眠」は体力が回復するのに加え、調子も上がるため、特訓後や試合前の準備に良いです。
ただ、ハートは他にも用途があるので、無駄遣いは避けたいですが……。
どこかで聞いたことあるようなワールドクラスの選手と交渉中。
しかし獲得難度が「難しい」の選手は、本当に獲得しづらいです。
有望選手と交渉するには大金も必要なので、ヘタに手を出すと散財の憂き目に……。
まずは獲得交渉の費用を減らしたり、交渉の成功率を上げるスポンサーと契約し、その力を借りましょう。

 クラブは最初Eランク、ご町内レベルのチームですが、各ランクにある「リーグ戦」で優勝することで、上のランクに挑めるようになります。
 プロリーグやワールドリーグ、ちびっこリーグなど8つのリーグがあり、それぞれに5~10前後のチームがいて、挑める試合はかなり豊富。

 プレイ期間(スコア集計期間)は10年で、11年目の3月末に終わりますが、最初は期限内にSランクまで進むことは困難でしょう。
 しかし1周目のデータを引き継いで、2周目を始めることができます。

 引き継がれるデータはすべての選手の能力と、お店やスポンサーのレベル。
 (特訓のレベル、お客さんのレベルは引き継がない)
 そしてゲームが倍速で進む「高速モード」も解禁されます。

 選手のデータをそっくりそのまま引き継ぐため、2周目はかなりサクサク進められ、Sランクの制覇も夢ではありません。
 序盤をラクにするため、初期選手を鍛えておくといった、2周目を考慮した育成も有効です。

リーグでの優勝、トーナメントでの優勝、各ランクの全試合制覇、クラブ評価のアップなど、多くの目標が用意されています。
ただ、1周目はそう簡単に上位には上がれないはず。2周目の下積みのつもりでいた方が良いかも。
特訓やお店の組み合わせ事典も引き継げますが、今作は組み合わせはそれほど重要ではないです。

 『サッカークラブ物語』の経営面の乏しさ、『テニスクラブ物語』のやれることの少なさ、『野球部ものがたり』の育成面の乏しさなどを、すべて解消したカイロ型スポーツゲームの決定版です。
 過去作で物足りなかったところを補っていて、買い切りのカイロゲームとしては最近のイチ押しですね。

 なにも考えずにプレイしていると負けまくるため、運営ゲームが苦手な人には厳しい難易度なのは否めません。
 でも、だからこそ選手とチームを育成し、格上に打ち勝っていく楽しさがあります。
 なにより、高い目標があり、久々に「2周目が楽しい」のが良いですね。

 運営シミュレーションゲームが好きな方や、カイロファンなら必携の作品。
 「最近のカイロゲームはちょっとヌルくて……」と思っている方には、特にオススメです。

バスケクラブ物語

カイロソフトのバスケットボールクラブ運営シミュレーション

(画像はバスケクラブ物語 – AppStoreより)

・運営シミュレーションゲーム
・カイロソフト(日本)
・iOS/Android版600円

文/カムライターオ

【この記事を面白い!と思った方へ】

 

 電ファミニコゲーマーでは独立に伴い、読者様からのご支援を募集しております。もしこの記事を気に入っていただき、「お金を払ってもいい」と思われましたら、ご支援いただけますと幸いです。ファンクラブ(世界征服大作戦)には興味がないけど、電ファミを応援したい(記事をもっと作ってほしい)と思っている方もぜひ。
 頂いた支援金は電ファミの運営のために使用させていただきます。

※クレジットカード / 銀行口座に対応

※クレジットカードにのみ対応

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧