『ロストジャッジメント』のDLC「探偵ライフ充実パック」がボリューム満点でやばい。何より追加ガールフレンド、葉加瀬響子さんが好きすぎてやばい

 『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』(以下、『ロストジャッジメント』)とは、神室町で探偵をやっている元弁護士の八神というキムタクそっくりな男(木村拓哉さん本人が演じています)が、メインストーリーの謎を追いながらたくさんのミニゲームやサブシナリオを体験できるめちゃくちゃ遊びごたえのあるゲームです。

 こんにちは、ハンバーガーです。
 やってますか? 『ロストジャッジメント』。

 今回は『ロストジャッジメント』のDLCをフォーカスして紹介してほしい、ということで編集部から執筆依頼をいただいたので、プレイを進めていきたいと思います。

文・漫画/ハンバーガー


動き回るだけでおもしろい、最高のゲーム

 『ロストジャッジメント』の簡単な説明しますけど、皆さん知っての通り『ジャッジアイズ』の続編ですね。

 続編と言っても本作から始めても問題なく遊べるようになっています。主人公の八神は元弁護士で探偵をやっている。というのがわかれば大丈夫です。前作のキャラクターが出てきても自然な感じで説明してくれます。

相棒の海藤さん。可愛くてかっこよくて頼りになる。ズルいよ。

 本作はボリュームがめちゃくちゃすごくて一生寄り道してしまう。神室町のほかに、伊勢佐木異人町という横浜を舞台にした街まで出てきます。

 しかもメインストーリーや本編と別軸で展開される事件を追ったサイドケースだけではなく、笑いあり、涙あり、アクションありのユースドラマというドラマ風ミッションもあるんです。

 このユースドラマがおもしろい! ユースドラマは、八神がとある出来事をきっかけに高校のミステリー研究部(通称ミス研)の外部指導員となり、生徒達を次々と非行に巻き込む謎の存在がいるという都市伝説の解決を、ミス研の部長から依頼されることで展開されます。

 依頼を受けた八神は、非行生徒がいると噂されるさまざまな部活やコミュニティに潜入します。ダンス部に入って素人とは思えないダンスを披露したり、ロボット研で大会優勝を目指したり、ボクシングを習ってみたり、暴走族に入ったり、スケボーグループに入ったり、eスポーツ部で『バーチャファイター』を遊んだり、カジノでポーカーをやったり、写真部でスクープを狙ったり、ガールズバーに通ってみたり……。ハアハア、文字にするだけでも多すぎる。

 これ全部にストーリーがあるんです。ボリュームがすごすぎる。

 (余談ですけどめちゃくちゃ精巧に作られてる学校の中を自由に歩き回れるので、画像検索では限界のある学校内の資料として漫画を描くのに役立ちそうだな……と思いました)

 DLCのひとつにはこのボリュームがやばすぎるユースドラマをさらに充実させるパックが用意されています。その名も「ユースドラマ充実パック」。名称はそのままですね(笑)。

 気になるパックの内容は次の通りです。

 
・ダンス部の衣装とスペシャルダンスの振り付けが追加
・ロボット部での追加ロボットが手に入る
・暴走族のレースで使えるバイクが追加
・ボクシングジムでのスパーリングの相手の追加
・新しいバトルスタイル「拳威」の追加

 DLCのオススメは、ロボット部のロボットと拳威です!

 プレイした人はわかると思うんですけど、ユースドラマのロボット部のゲーム部分だけ、やたら難しい! あれ、そう思ったのは私だけですか?

 ほかのユースドラマはまぁなんとなくやれるんですけど、ロボット部のところだけが本当に難しい。ちゃんとパーツを集めて、パーツを開発して、コストオーバーしないようにパーツを組んで、相手チームの対策をとって……ってやらないといけない!

 これだけで携帯ゲーム機のタイトルが1本作れるよ! ってくらい細かい。でもこのDLCを購入すれば結構強い追加ロボットが手に入るので、攻略が少しだけ楽になります。少しだけね。

 ロボット部の対戦では敵チームの陣地に入るとスピードが遅くなるんですけど、DLC追加機体はその効果が無効になるので有利に動けちゃいます。うん、これがなかったら途中でクリアするのを諦めていたかもしれない。

 もうひとつのおすすめとして挙げた新バトルスタイル「拳威」は、ボクシングジムで習ったスキル技を街のチンピラに披露するというもの。タイマンに強いバトルスタイルなので役立つ場面は多いです。

 ユースドラマ充実パックの解説はそんなところでしょうか。続いて紹介するDLCは、「探偵ライフ充実パック」

 これがほんとにやばい。

 ただでさえボリュームがあったのにさらにボリュームを増やしてくるという代物で、八神といい関係になれるガールフレンドが追加で3人増えて(え?)、仙薬というパワーアップアイテムのレシピがもらえてバトルでビームが出せるようになって(は?)、探偵犬の色を変えれるようになったりします(ひとんち(ミス研部長・天沢家)の犬の模様を変えるな)。

 さらに性能のいいスケボーと性能のいいドローンまで手に入って「ザ・ガントレット」というゲームモードでは超強い敵と戦うこともできます。

 私はとくにガールフレンドの葉加瀬響子さんの話が気に入りました。
 ※ここから先はちょっとしたネタバレあるのでご注意ください!

葉加瀬響子さんです。

 こんな感じで始まったガールフレンドイベントですけど、この猫の話がすごくいい!

 小さな病院で飼われていた猫だけど、飼い主が交通事故で亡くなってしまって
 ひとりぼっちになってしまった猫だった……。

 事故現場から動かないでいたけど葉加瀬さんを見かけてついてくるようになった猫ちゃん。前の飼い主に雰囲気が似ていて、前の飼い主と同じく消毒液の匂いがする葉加瀬さんを……。

 今度こそ飼い主を守ろうとしてついていった、っていう話で……。

 こんなステキな出会いをきっかけに、今後、葉加瀬さんとのいろいろな話が繰り広げられていくんです。

 正直「DLCのガールフレンドシナリオねぇ〜」って舐めてかかっていたけど、この話で一気に引き込まれて、めちゃくちゃ好きになった。この葉加瀬さんもすごく好きになった。ガールフレンドの中では32歳と、登場するガールフレンドの中では最年長な人だけど、年齢なんて関係なかった!

 「絶対好感度上げて付き合うぞ‼︎」っていう気持ちになった。

保険医の姿。

 好感度は学校の保健室に行って会話を交わしたり、お出かけして遊ぶと上がるので、いっしょにダーツに行ってみました。

 ちなみにこの葉加瀬さん、謙遜しながらもダーツがめちゃくちゃうまいです。油断するとあっさり負けます。余談ですが、ライティングの関係上、ダーツに行くとちょっとかわいく見えるところがいいなと思いました。

いい感じの写真が撮影できなかったので、公式サイトにある葉加瀬さん画像を貼っておきます。

 夜の学校からダーツに誘ったあと、また仕事場に戻ることが! びっくりしたよ。

 しかもまた誘えてしまう。これでつぎのイベントが起こるまでの好感度を稼げました。学校からダーツを遊びに出かけてまた学校に戻って……ってのを4〜5回繰り返しました。

 保険医なのに血が見るのが苦手とか治療が下手……とか。じつはプラモ作りが趣味という、オタク心をくすぐる話がドシドシやってくるのでぜひとも葉加瀬さんにアプローチしてみてください。

 オススメです。葉加瀬響子さん。

 皆さんもぜひDLCを購入して、葉加瀬さんのかわいいイベントを見てみてくださいね。

 <おまけ漫画>

 旅行で横浜に行ったんですけど「ここ『ロストジャッジメント』でみたことある!」ってなって楽しかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ