7月15日は『聖剣伝説 LEGEND OF MANA』が発売された日。『レジェンド オブ マナ』通称『LoM』、自分だけのワールドマップを作る「ランドメイク」が唯一無二の体験を生んだ

 2022年7月15日、『聖剣伝説LEGEND OF MANA』(『レジェンド オブ マナ』、以下『LoM』)が23周年を迎える。

 1999年7月15日にプレイステーション(以下、PS)向けに発売された本作は、絵本のような色彩のピクセルアートと、美しい音楽によって描かれるアクションRPGだ。
 2021年6月にはHDリマスター版がPS4、Nintendo Switch、Steamで展開され、同年12月にはiOS、Android用も登場した。

 本作はニューゲームで主人公を男女どちらかから選ぶことができ、ストーリーは短いシナリオを好きな順番でプレイできるオムニバス形式となっている。
 最初はマイホームとドミナの町しかランド(移動先)がないが、シナリオを攻略していくごとにランドが増え、ファ・ディールの世界の成り立ちや住人たちへの理解が深まっていく作りになっている。

『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』
(画像は『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』公式ページより)

 『LoM』はアクションRPGだが、全滅によるペナルティはなく、敗れてもすぐに再戦することができる。そのためゲーム自体の難易度はそれほど高くはない。

 しかし、戦闘中に活躍するペットやゴーレム、武器や防具にはすさまじいやり込み要素がある。
 特にオリジナル版では、メニュー画面で表示できる限界を超えて武器を強化することが可能であった(※HDリマスター版では再現できなくなっている)。
 オリジナル版の『LoM』の最強武器は、強さよりもロマンを求めたプレイヤーたちの行き着く果てにあった。最強武器について、詳しくはこちらの記事を参照されたい。

 2021年に本作のHDリマスター版が発売されるという報は、オリジナル版のプレイヤーたちからおおむね賛意で受け入れられた。

 しかし中には、「フォントがオリジナル版と違いすぎる」というネガティブな意見も少なくなかった。そのため、HDリマスター版ではアップデートで「オリジナル版の再現フォントを追加する」という対応がされている。

 結果として、このプレイヤーの思いに寄り添うアップデートには「やっぱりこのフォントなんですよ」「これは神アップデート」など、多くの歓迎の声が集まった。そして、『LoM』がプレイヤーだけでなく、開発スタッフからも愛され大切にされていることが改めて分かるひとつの例と言えるだろう。

 2022年10月には、同作のメインシナリオのひとつである「宝石泥棒編」のアニメが放送・配信されることが予告されている。

 これに先立ち、アニメ『聖剣伝説LoM』公式Twitterでは、2022年6月28日から7月15日まで『LoM』の思い出を募集していた。ハッシュタグ「#LoM思い出」から、さまざまなプレイヤーの思い出を垣間見ることができる。

 ちなみに筆者の『LoM』の思い出は、交差点で拾った財布を警察署に届けたら書類を作成している最中に落とし主が現れ、謝礼として少額ながら財布の中身を分けてくれたので、「このお金と貯金を合わせれば『LoM』が買える」とゲーム屋に向かったことだ。

 後にも先にも財布を拾った経験はこの一度しかない。ほどなく『LoM』にドハマりしたことを思うと、我が事ながらマナの女神か何かに導かれたように感じられる話だ。

『聖剣伝説 レジェンド オブ マナ』とHDリマスター版
当時は財布の落とし主の力を合わせないと買えなかった『LoM』が、今では自分の財布だけで買えるようになりました

 宝石を核として生まれた種族を巡る物語が、アニメではどのように描かれるのだろうか。放送が非常に楽しみで待ち遠しい。


 現在、『LoM』のおもだった開発スタッフは株式会社ブラウニーズを立ち上げており、東京都吉祥寺からゲームを発信している。
 同社は2022年4月、JR吉祥寺駅に広告看板を出した。こちらの広告に描かれているのは、同社開発タイトル『エグリア』のマイホームだ。

 『エグリア』は『LoM』と同じく、キャラクターのメインイラストが亀岡慎一氏で、背景などのアートディレクションを津田幸治氏が担当。シナリオは『LoM』でエスカデ編などを手がけ、「サボテン君日記」も書いた井上信行氏(さよならおやすみ株式会社所属)となっている。

 『エグリア』はiOS、Android向けタイトルで、追加要素がある移植版『エグリア リバース』はNintendo Switchでダウンロード販売されている。興味を持った方はチェックしてみてほしい。

『エグリア リバース』
(画像はニンテンドーeショップ『エグリア リバース』販売ページより)

 また、2022年は聖剣伝説シリーズが30周年を迎えた年でもある。
 アニメイトでは、『LoM』のみならず、聖剣伝説シリーズ作品のグッズを数多く取り揃えている。そして完全新規グッズとして、「エターナルマスターピース マナの剣」「聖剣伝説 レジェンド オブ マナ 腕時計」が製作された。どちらも非常に存在感があり、目を引く逸品となっている。

聖剣伝説 エターナルマスターピース マナの剣
(画像はアニメイトオンライン「聖剣伝説 エターナルマスターピース マナの剣」予約ページより)
聖剣伝説 レジェンド オブ マナ 腕時計
(画像はアニメイトオンライン「聖剣伝説 レジェンド オブ マナ 腕時計」予約ページより)

 発売から23年を迎え、今なお愛される『LoM』。ランドを自由に配置して自分だけのワールドマップが作成でき、あらゆる種族の物語があり、バラエティに富んだシナリオを縦横無尽に攻略できる体験は、どのプレイヤーにとっても唯一無二のものであった。
 HDリマスターやアニメ放送をきっかけに、本作ならではオンリーワンな体験を愛するプレイヤーがこの先も誕生していくことを期待したい。

ライター
『討鬼伝』シリーズを3000時間やり込んでいる元麻雀プロ。家を出て5メートルで職務質問されたことがある。中世ヨーロッパ風ファンタジーが好きで『ファイナルファンタジータクティクス』が最も好きだが、三国志など古代~近世の東洋も好き。好きな武将は細川政元。
Twitter:@natsukawa77tem
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ