ほぼひとりで開発された美しいグラフィックのアクションRPG『Ghost of a Tale』のPlayStation 4版とXbox One版が2019年2月に発売へ。ネズミが主役の冒険譚

 SeithCGはアクションRPG『Ghost of a Tale』のPlayStation 4版とXbox One版の2019年2月に発売すると発表した。Xbox One版は開発中のゲームを販売するGame Previewを通じて19.99ドルですでにリリースされており、正式版リリースでPC版と同様の25ドルへと値上げされると予想される。

 本作はSeithCGのLionel Gallat氏がほぼひとりで手掛け、5年の開発期間を経てPC版が今年3月に正式リリースされた。すでにSteamでは92%のユーザーがポジティブを示し「非常に好評」と高い評価を得ている。

 『Ghost of a Tale』は動物だけが暮らす中世風のファンタジー世界を舞台に、主人公であるネズミの吟遊詩人Tiloが危険な要塞「Dwindling Heights Keep」を生き抜く冒険譚だ。ゲームは主人公が投獄された牢獄から始まり、妻のMerraを探してこの要塞から脱出する方法を探すことになる。

 主人公は吟遊詩人で小さなネズミであり、衛兵やさまざまなモンスターと正面から戦うには力が足りない。しかし、小さな体を活かしたステルスや周囲の環境を利用することで難所をくぐり抜けることができる。

 敵対する勢力だけでなく、味方となってくれるキャラクターも登場する。戦闘やステルスだけでなく、味方と協力したりクエストをこなしていく探索要素も重視されているゲームだ。

(画像は『Ghost of a Tale』公式サイトより)
(画像は『Ghost of a Tale』公式サイトより)

 ゲームを開発したLionel Gallat氏は以前はDreamWorks Animationに務めており、『ロラックスおじさんの秘密の種』『怪盗グルーの月泥棒 3D』といった映画でアニメーションディレクターとしてクレジットされてきた。『Ghost of a Tale』ではGallat氏がアートやデザイン、コーディングといったゲームの90%をひとりで開発し、ゲームデザイナーのPaul Gardner氏やゲームの音楽を手がけたJeremiah Pena氏らが残りの部分で協力している。

 会話や文章も多くストーリー重視のため日本語版のリリースも待たれるが、現時点では未対応となっている。ただし、Xbox Oneの『Ghost of a Tale』ストアページでは将来的には日本語への対応も予告されている。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

黒死病で崩壊した世界、ネズミの大群が何もかもを飲み込む。5歳の弟と姉の逃避行を描く『A Plague Tale: Innocence』の16分に及ぶゲームプレイ映像が公開

4人で協力して剣でネズミの大群を討伐。『L4D』の流れを汲む一人称視点の剣戟アクション『Vermintide 2』PS4版がリリース決定

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros

関連

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧