人力RPG『第六猟兵』がサービス開始。自分だけのキャラクターを作り上げ、物語に参加するPBWタイトル

 ドワンゴはトミーウォーカーと連携し、動画サービス「niconico」において新作ゲーム『第六猟兵』のサービスを開始した。

(画像は『第六猟兵』公式サイトより)

 『第六猟兵』は、プレイ・バイ・ウェブと呼ばれるジャンルのゲームである。ユーザーは自分のプレイヤーキャラクターを作成してゲームに参加し、シナリオマスターと呼ばれる作家陣が執筆するシナリオに、「自分のキャラクターが、どのように物語に関わるのか」を文章で指示を行う。それぞれの各プレイはシナリオマスターによって小説化され、参加したユーザーは自分の活躍を楽しむことができるというわけだ。

 さらに、プレイヤーキャラクターにつけるイラストも、ユーザーの発注を元に イラストレーターが描くといった仕組みになっている。自分だけの一点物のキャラクターが用意され、愛着を持ってプレイすることができるとのこと。なお、本作のメインイラストはhuke氏が担当、背景は友野るい氏が描いている。

 冒険の舞台となる場所は、「骸の海」と呼ばれる液体に浮かぶ36の世界。剣と魔法が使われ、竜が生きる時代を舞台に、プレイヤーは世界を巡る「猟兵(イェーガー)」となって、未来を喰らおうとする異形の神「オブリビオン」と戦うことになる。種族やジョブも多数用意されており、選択肢の多さも魅力のひとつだ。

 また、これまでトミーウォーカーのプレイ・バイ・ウェブゲームでは、プレイヤーとシナリオマスターは兼ねることができなかった。しかし『第六猟兵』では調整が行われ、プレイヤーとシナリオマスターを兼任することが可能で、プレイスタイルの多様性も増しているとのこと。

 ニコニコ生放送では、『第六猟兵』の生配信も行われている。テラゾー氏、まるこ氏、倭寇氏といったゲーム実況者が出演し、基礎知識や遊び方のレクチャーが行われるとのこと。次回は2018年12月21日20時から開催予定。

文/渡邉卓也

関連記事:

【ゲームの企画書】リアルを舞台に数千人規模でゲーム…そんなのは約30年前に存在した! 「蓬萊学園」狂気の1年を今こそ語りあおう【新城カズマ×齊藤陽介×中津宗一郎 】

クトゥルー神話って日本でどう広まったの?『デモンベイン』が安心感を与え、現代怪奇としての『クトゥルフ神話TRPG』がニコニコ動画にマッチし、『ニャル子さん』がブーストさせた【インタビュー:森瀬繚】

著者
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧