1993年の名作『ゼルダの伝説 夢をみる島』がスイッチで復活。雰囲気はそのままに3Dグラフィックでコホリント島が描き直される

 任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『ゼルダの伝説 夢をみる島』を発表した。

 本作は1993年にゲームボーイで発売された同名タイトルのリメイク作品。『ゼルダの伝説』シリーズとしては第4作目で、初の携帯ゲーム機向けタイトルとなる。1998年には要素を付け加えた『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』がゲームボーイカラーで発売された。

 主人公のリンクは、航海中に嵐に見舞われ「コホリント島」という場所へ流れ着く。そこで少女マリンをはじめとするさまざまな人々と出会い、島の脱出を目指し「かぜのさかな」と呼ばれる存在を求める冒険を繰り広げる。

(画像はゼルダの伝説 夢をみる島 [Nintendo Direct 2019.2.14] – YouTubeより)

 『ゼルダの伝説 夢をみる島』はいわゆる「2Dゼルダ」時代のシリーズ作品で、各地をめぐりダンジョンを攻略し、新たに手に入れたアイテムで道を切り開くといった作りになっている。2019年2月14日のNintendo Directで公開された映像を見る限り、ゲームシステムはそのままに3Dグラフィックで描写されなおされているようだ。

(画像はゼルダの伝説 夢をみる島 [Nintendo Direct 2019.2.14] – YouTubeより)

 本作の大きな特徴のひとつに独特の世界観がある。たとえばクリボー、ワンワン、トゲゾーといった他シリーズに出てくるキャラクターがゲスト出演するわけだが、そこも変わりないようだ。なお、Nintendo Directの司会を務めている小泉歓晃氏は、『ゼルダの伝説 夢をみる島』の原作でスクリプトライターを担当していた。

 Nintendo Switch向け『ゼルダの伝説 夢をみる島』は2019年発売予定。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『ゼルダの伝説』と『牧場物語』に影響を受けた農業とアクションアドベンチャー『Stranded Sails』発表。漂着した無人島からの脱出を目指せ

まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ