爆弾処理ゲー『Keep Talking and Nobody Explodes』のSwitch版が2月28日より配信。「処理」と「分析」を分担する協力プレイがアツい

 架け橋ゲームズNintendo Switch専用ソフト『完全爆弾解除マニュアル:Keep Talking and Nobody Explodes』を2月28日に配信すると発表した。

(画像はTwitter:Kakehashi Games(@kakehashigames)の投稿より)

 本作は時限爆弾を正しい手順で解除していくことが目的。大きな特徴は、爆弾を解除する「処理担当者」と、ゲーム画面を見ずに解除のヒントが書かれている紙のマニュアルを読んで指示を出す「分析担当者」に分かれて進めること。

(画像はKeep Talking and Nobody Explodes (仮称) [Indie World 2018.12.27] – YouTubeより)

 「処理担当者」が、爆弾の配線や印字された記号などの様子を伝えて、「分析担当者」がその発言をもとに解除方法を見付けていく。正確に情報を伝える必要がある伝言ゲームのような緊張感があり、コミュニケーション能力が問われるシステムだ。 

 なお、本作は2015年にPC版がリリースされ、Steamストアのレビューでは“圧倒的に好評”という高い評価を得ている作品。PC版はマニュアルも含めて英語のみ対応だったが、今回のNintendo Switch版は日本語化されているため、英語が読めなくても気軽にプレイ可能だ。

ライター/ムニエル

関連記事:

Nintendo Switchのインディーゲーム一挙公開。『VA-11 Hall-A』や『ムーンライター』、『カニノケンカ』の配信時期が公表

爆弾AI教育アドベンチャーゲーム『リトルボムガール』がiOSとAndroidで配信開始。少女型の爆弾を育成せよ

ライター
ムニエル
大学時代はフリーライターとしてスマートフォンゲーム、インディーゲーム、eスポーツ関連の記事を執筆。週刊誌の編集も経験する。DTMを嗜み、特にゲームBGMとクラシックを愛する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ