『ニーア オートマータ』のヨコオタロウ氏、ついにVtuberとして「VRadio」に出演。齊藤陽介氏をいじる替え歌などを披露し大暴れ

 2019年3月12日に放送された生放送番組「VRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10【実験放送】」にて、Vtuberとなったヨコオタロウ氏の姿が披露された。

(画像はVRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10より)

 『ニーア オートマータ』などを手がけたことで知られるゲームクリエイターのヨコオタロウ氏は、2019年2月20日に行われた生放送「第8回『ニーア オートマタ』公式生放送「2周年&GOTY版発売記念」@STORIA」で自らVtuberとなることが発表されていた。

 そして、平日に実施されているバーチャルキャストの帯番組「VRadio」で、スクウェア・エニックスのバーチャルアイドルグループ「GEMS COMPANY」と共演することになったのである。

(画像はVRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10より)

 この日の配信では、GEMS COMPANYの赤羽ユキノ氏長谷みこと氏が出演。そして、ゲストとしてヨコオタロウ氏がエミールの姿で登場した。番組ではゲストに質問をぶつける「12Q(トゥエルブキュー!)」などさまざまなコーナーが行われたが、ヨコオタロウ氏はとにかくはしゃぎ、ふざけきっていたのが印象的であった。

 「『シノアリス』の推しキャラは?」という質問では、「人間としては誰も好きじゃない」とバッサリ。あえて言うとすれば「ギシンとアンキはシナリオを作るのに便利だから業務上好き」と答えるように、VTuberになっても変わらずヨコオ節を炸裂させていた。

(画像はVRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10より)

 また、それぞれ絵を描いて視聴者にうまさを判定してもらう「以心伝心ジェムピカソ」というコーナーでは、一番うまい絵を描いたにも関わらずヨコオタロウ氏が罰ゲームを行うことに。そこでは『リンダリンダ』の替え歌である『マクラマクラ』という曲を歌い出し、GEMS COMPANYのプロデューサーを勤める齊藤陽介氏をいじりまくる姿を披露した。

(画像はVRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10より)
(画像はVRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10より)
(画像はVRadio〜JAM GEM JUMP!!!〜 #10より)

 この他にもGEMS COMPANYのふたりが歌うコーナーでヨコオタロウ氏は後ろで踊りまくり、あるいは歌に混ざってしまったりと、終始楽しげな様子であった。Vtuberヨコオタロウの今後の活躍に期待したい。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『ニーア オートマータ』のヨコオタロウ氏、Vtuber化決定。斎藤陽介氏のアイドルVtuberと共演へ

スクウェアは貴族でエニックスはヴァイキング? 人たらしでヒットに導く齊藤Pに見る“優秀なゲームプロデューサー”【齊藤陽介×藤澤仁×ヨコオタロウ×安藤武博:座談会】

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ