世紀末農場経営シム『Atomicrops』の強烈トレイラーが公開。「農業・結婚・殺害」が軸となるポストアポカリプス牧場物語

 Raw FuryはDanny Wynne氏、Toby Dixon氏、Joonas Turner氏の3名が開発するアクションローグライク農業シム『Atomicrops』を正式発表した。2019年に発売予定。対応プラットフォームはPCとコンソール。ゲームの世界観を一挙に説明する強烈なトレイラーも公開されている。

 『Atomicrops』はもともと「Raw Fury初のFPS(Farm Protection Simulator)」として存在が明らかにされていた。核戦争により文明が崩壊したあとの世界を舞台にした農業シムだ。

 ゲームは「農業・結婚・殺害」の3本の柱から成り立っている。プレイヤーは地球最後の農場を経営し、最後の食料源として残された人類を救うために農作業を行う。核の影響で突然変異した害獣と戦いながら「超遺伝子組み換え作物」を育て、多くの農業シムと同じようにほかのキャラクターと愛を育む。

(画像は『Atomicrops』公式サイトより)
(画像は『Atomicrops』公式サイトより)

 農業シムらしく農業システムにも力が入れられている。最初は簡単な農作物しか作ることはできず、当然あまり高値では売れない。危険な崩壊後の世界を探索し、新しい農作物や農具、知識を探し出すことで徐々に農場を豊かにしていく。前文明の遺物は崩壊後の世界でも役に立つ。また、戦略的な植え付けも必要だ。同じような作物を近場に植えると、十分に受粉し、より多くの作物を得ることができる。

 崩壊後の世界の害虫は危険だが、殺せば有用な肥料に早変わりする。しかし、農場を守るにはひとりでは力が足りないかもしれない。ゲームにはさまざまな協力者が登場し、愛、人恋しさ、あるいは戦略的な理由から、プレイヤーは人生の伴侶を見つけ出すことになる。危険な崩壊後の世界の農場を手を取り合って運営することができるだろう。食料を求める地元の町には、さまざまなロマンスも待っている。

(画像は『Atomicrops』公式サイトより)
(画像は『Atomicrops』公式サイトより)

 スローライフとは無縁の農業シム『Atomicrops』は、農業シムに暴力が足りないと感じるゲーマーにとって興味深いものになるだろう。なおポストアポカリプスという面では、2019年に入ってすでに『The Division 2』、『Far Cry New Dawn』、『Metro Exodus』がリリースされ、『Rage 2』『Days Gone』の発売も控えている。近年稀に見る世紀末ゲームの当たり年となりそうな2019年、農業シムにもその波が来ているようだ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

「農業ゲーム」が世界一上手い奴は誰だ。『Farming Simulator 19』eスポーツ大会、欧州で賞金総額3100万円を掛けたトーナメント開催

『Stardew Valley』のeスポーツ大会をTwitchが主催、牧歌的な農業ゲームで繰り広げられる熾烈なチーム戦

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧