基本プレイ無料のモバイル向けFPS『Call of Duty: Mobile』発表。Unity製で60fps動作を実現、バトロワの実装も示唆

 Activision BlizzardはGDC 2019にて、基本プレイ無料のモバイル向けFPS『Call of Duty: Mobile』をiOSとAndroid向けに発表した。

 2018年末に中国圏向けに発表された『Call of Duty: Legends of War』を世界向けに展開するタイトルとなる。公式サイトではゲームのベータテストへの参加者を募る事前登録もAndroid向けに開始されている。

 『Call of Duty: Mobile』はTencent Games傘下のTimi Studio GroupがActivisionと共同で開発する、マルチプレイに特化したモバイル向けFPSだ。『Call of Duty: Modern Warfare』『Call of Duty: Black Ops』といったこれまでのシリーズでお馴染みだった、フロントラインやチームデスマッチといったゲームモード、ニュークタウンやクラッシュ、ハイジャックドといったマップが登場する。

 アンロックシステムも同様で、プレイを重ねて行くごとに、これまでのシリーズのキャラクターや武器、スキン、スコアストリークやギアが解除されていく。

(画像はGoogle Play 『Call of Duty: Mobile』より)
(画像はGoogle Play 『Call of Duty: Mobile』より)

 公開されたトレイラーでは5対5のマルチプレイだけでなく、ゾンビモードやバトルロイヤルモードの実装も示唆されている。ゆくゆくはこれまでの『Call of Duty』シリーズのマルチプレイの集大成となるような作品になるのだろう。

 また海外メディアArstechnicaによれば、ゲームはUnity Engineを使って開発されているという。モバイルでもフレームレートは60fps、低レイテンシー、高レスポンスコントロールを実現する。

(画像はGoogle Play 『Call of Duty: Mobile』より)

 モバイルでもコンソールの『Call of Duty』シリーズ顔負けのマルチプレイが楽しめそうな『Call of Duty: Mobile』。現在は特定地域でアルファテストが行われている段階だが、今後数ヶ月でさらに広い範囲でベータテストが行われる予定だ。興味がある方は、まずは公式サイトでサインアップして続報を待ってほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『CoD』ゾンビモードを毎週遊ぶおじいちゃん、マリファナ吸ってゲームする若者…“ぶっ飛びすぎ”な海外ゲーマーたちに迫る【E3 2017:来場者インタビュー】

『TES』シリーズ初のモバイル向けRPG『The Elder Scrolls: Blades』の配信時期が2019年初頭に延期へ

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧