大型フィギュア・ボードゲーム『ドラゴンギアス』が発表。マックスファクトリー×アークライトゲームズ×イシイジロウ氏のコラボによるプロジェクト

 MAX FACTORYとArclightGames、イシイジロウ氏は、大型フィギュア・ボードゲーム『ドラゴンギアス』発表した。

 6月8日、9日に開催されている「ワンダーフェスティバル上海」の会場にて、ワールドプレミアム公開される。発売は2019年夏としている。

 近年、世界中で大きな盛り上がりを見せるボードゲーム。クラウドファンディングプラットフォームのKickstarterでは、億を超える巨額の資金を集めていることもあり、一大ムーブメントといえる。

 その波は日本にも到来しており、ボードゲーム専門店やボドゲカフェが増えてきている。とはいえ、大型フィギュアを駆使した日本発のボードゲームいうのは、まだまだ少ない。

 そこでメイドインジャパンの総力を結集し、超大型プロジェクトとして発足したのがこの『ドラゴンギアス』プロジェクト。

 アクションフィギュアシリーズ「figma」でおなじみのMAX FACTORYが造形を手掛け、製作には国内外のさまざまなボードゲームを日本に送り出した、ArclightGamesが担当する。

 さらにゲームデザインはカワサキファクトリーの川崎晋氏が担当し、原作・ストーリー・世界観設定を『428 ~封鎖された渋谷で~』の総監督・イシイジロウ氏が担当するという、非常に豪華な布陣だ。

 イラストは『ストリートファイター』シリーズの西村キヌ氏が担当し、トレイラーとイラストレーションからは、ファンタジーと機械文明が入り混じった世界で7人の騎士が活躍する壮大なスケールが伺える。

 続報は順次、公式サイトで公開されているので、日本発・大型ボードゲームプロジェクトの軌跡を見逃さないようにしよう。

(C)2019 MAX FACTORY INC. / Arclight Inc. / イシイジロウ All Right Reserved.

ライター/福山幸司

関連記事:

『428 ~封鎖された渋谷で~』発売から10周年。映画・小説・ゲームが渾然一体となった本作にしかない魅力は、どのようにして生まれたのか

『ヤマト』の宇宙はなぜ青い? 『コードギアス』に人型ロボットが出る理由は? 制作者が作品に落とし込む宇宙SFの“リアリティ”とは

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧