GeForce RTX GPUを使ってリアルタイムストリーミングを支援する「RTX Broadcast Engine」発表。AIを使ったグリーンバック不要のクロマキー合成などの機能を提供

 nVidiaは、GeForce RTX GPUのAI機能をライブストリームに応用する「RTX Broadcast Engine」発表した。

 グリーンバック不要のクロマキー合成「RTX Greenscreen」、Webカムを使ったフェイストラッキング「RTX AR」、スタイルトランスファー技術を用いた合成機能「RTX Style Filters」が提供される。これらはすべてRTXシリーズに搭載された深層学習向けのTensorコアで行われるため、RTXシリーズのGPUやウェブカム以外に特別な機器は必要としない。

(画像は「RTX Broadcast Engine」公式サイトより)

 グリーンバック不要のリアルタイムクロマキー合成は、2018年にGoogleがスマートフォン向けに発表したことも記憶に新しい。GeForce RTXユーザーであればRTX Broadcast Engineで同等の機能が利用できる。

 このRTX Greenscreenは、主要なライブストリーミングアプリケーションの1つであるOBS(Open Broadcaster Software)とも統合されることを発表。今後数ヶ月で利用できるようになるという。

(画像は「RTX Broadcast Engine」公式サイトより)

 RTX ARは標準的なウェブカムでフェイストラッキングだけでなく、フェイスランドマークトラッキングも可能となっている。目鼻口などの位置をトラッキングできるため、利用者は自分の顔で3Dモデルを動かすこともできる。

(画像は「RTX Broadcast Engine」公式サイトより)

 すこしめずらしいのがRTX Style Filtersだ。一部の画像編集ソフトでは以前から利用できる機能だが、リアルタイムの動画で手軽に利用できる例はあまりないのではないだろうか。

 動画ではゴッホの絵のスタイルに基づき、ストリーマーの顔や部屋をリアルタイムで描き換えている。モノクロやキュビズム風のフィルターなど、スタイルトランスファーと呼ばれる技術を利用した多様なフィルターをユーザーが用意できる。

(画像は「RTX Broadcast Engine」公式サイトより)

 RTX Broadcast Engineに必要なのは、GeForce RTX 2060かQuadro RTX 3000以上のGPU、Windows 10 64bit、グラフィックスドライババージョン410.48以上となっている。

 RTX Broadcast Engineは現在一部のパートナーにのみ早期アクセス権が与えられているが、まもなくほかの開発者にも公開される。早く早期アクセスに参加したい方は、公式サイトのメーリングリストに登録してほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧