スマホで自宅を恐怖の館に。『Five Nights at Freddy’s AR: Special Delivery』正式リリース、ARでもアニマトロニクスから生き残れ

 カリフォルニア州のゲーム開発会社Illumix Incは、ARを大きくフィーチャーした人気フランチャイズのスピンオフ『Five Nights at Freddy’s AR: Special Delivery』iOSAndroidでリリースした。英語版だが日本からもプレイ可能だ。基本無料タイトルでアプリ内課金を持つ。

 スペシャルデリバリーの名のとおり、『Five Nights at Freddy’s AR: Special Delivery』では、プレイヤーに襲いかかるアニマトロニクスが自宅に派遣されてくるという設定が敷かれている。リアルタイムのロケーションベースのゲームプレイで、ゲームはその場所を自動的にスキャンしアニマトロニクスを送り込んでくる。明るい日中であってもフィルターにより常に薄暗く、恐怖感を引き立てる。
 プレイヤーはスマホを使い、限られたリソースを使って襲い来るアニマトロニクスから可能な限り生き残らなければならない。

 ソーシャル要素も導入されており、リーダーボードで友人と競い合うことができる。また、プレイヤーは集めたパーツから自分だけのアニマトロニクスを製作し、友人のハイスコア記録を邪魔するために送り込むことができる。

(画像はGoogle Play『Five Nights at Freddy’s AR: Special Delivery』より)
(画像はGoogle Play『Five Nights at Freddy’s AR: Special Delivery』より)

 『Five Nights at Freddy’s』シリーズはすでに複数の続編、VRバージョンの『Five Nights at Freddy’s VR: Help Wanted』、そしてブラムハウス・プロダクションズから劇場版の制作も示唆されている。
 スマホで手軽に自宅を恐怖の館にしたい方は、ぜひプレイしてみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧