『マインクラフト』で広大な魔法世界を再現した『ハリーポッター』MODのテスト版無料配布が開始。クィディッチや魔法薬づくり、魔法を使った戦闘などRPG要素も楽しめる

 The Floo Networkは、『ハリーポッター』シリーズの魔法世界をサンドボックスゲーム『Minecraft』で再現したマップデータ「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry」の配布を2月25日(火)より正式に開始した。

(画像はMinecraft School of Witchcraft and Wizardry – Alpha 0.4より)

 「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry」では、『ハリーポッター』シリーズのおもな舞台「ホグワーツ魔法魔術学校」などの施設が忠実に再現されている。

(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)

 また、魔法使いのスポーツ「クィディッチ」や魔法薬づくりなどのレクリエーションも搭載。魔法を使って仕掛けを解き、敵と戦うRPGの要素も含まれており、原作を知らない人でもゲームとして楽しめる。

(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)
(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)

 さらに、ホグワーツ以外の場所も再現されている。魔法用品を揃えられる「ダイアゴン横丁」や生徒達が楽しみにしている「ホグズミード村」、雑然としたウィーズリー家の「隠れ穴」や魔法世界の役人たちが働く「魔法省」などを見ることができる。

(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)
(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)
(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)

 なお、今回配信されたデータはアルファ版のバージョン0.4で、いわゆるテスト版にあたるものだ。そのため、プレイ中にはさまざまなバグ・不具合に遭遇する可能性がある。ダウンロードする際は留意しておいてほしい。

 また、本データは無料でダウンロードすることができるが、開発を支援したいと思った場合は、寄付額を設定してダウンロードすることも可能だ。興味があれば一度ダウンロードし、開発を支援したいと感じたら寄付を行うとよいだろう。”9と4分の3番線”でホグワーツ行きの列車があなたを待っていることだろう。

(画像はYouTube「Minecraft School of Witchcraft and Wizardry – Gameplay Trailer」より)

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧