にじさんじARK、サーバー最後のイベントでトライブの垣根を超えた協力プレイに挑む。次サーバーの詳細も近日公開

 バーチャルライバーグループ「にじさんじ」が、恐竜サバイバルゲーム『ARK: Survival Evolved』にて長らく繰り広げてきた「にじさんじARK大戦」

 2020年4月7日、その第二次にじさんじARK大戦となる「アイランド戦争」が終戦を迎えた。朝4時を超える死闘、最終的に裸一貫での殴り合いを制し島の頂点に立ったのは猟友会であった。代表である叶は勝利者報酬として「希望者で協力してTEK洞窟に行くこと」を宣言した。

(画像はARK | 戦争の時。最後に笑うのは。【にじさんじ/叶】より)

 TEK洞窟は『ARK: Survival Evolved』におけるエンドコンテンツ、つまりラスボス戦だ。その難易度は文字通りケタ違いに高く、多くの成熟したプレイヤーが協力しなければ突破することができない。

 今夜、22時からそのTEK洞窟に挑戦する生放送が配信される。今までの対立構造を廃し、トライブの垣根を超えた協力プレイはまさに平和に向かうための一歩なのかもしれない。

 システム上、洞窟内で死んでしまったら再スタートすることがほぼ不可能であり、相当な緊張感が漂っている。はたして、このゲームの世界の仕組みに触れるエンディングに何組たどり着くことができるのだろうか。

 現在、多くの参加ライバーは、このラスボス戦に向けての準備を進め、その様子を生放送で配信している。

 にじさんじARKは、現在2020年2月4日に本間ひまわりの知人が設立したサーバーでの活動が行われていたが、今回の配信を区切りとして新たにサーバーを設立することが発表されている。

(画像は【新衣装発表】お腹が痛くなるけどかっこいいからええねん衣装です!【本間ひまわり/にじさんじ】より)

 次のマップの概要の説明は4月15日20時から、本間ひまわりのYouTubeチャンネルで行われる予定だ。今後のにじさんじARKの詳細はここからチェックしていただきたい。

 二度の戦争を経て、YouTube業界で大きなインパクトを残したにじさんじARKサーバー。最初に設立したサーバーでは最終的にはライバーたちが納得のいく平和な結末を迎えそうだ。まだまだ、にじさんじARKの物語は終わることはなさそうでさらに期待が膨らむ。今夜の生放送ではぜひエンディングに到達し、これからの門出を祝いたいところだ。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧