「しくじり先生」のセガアーケードゲーム後編は今夜放送。「連発したトラブルとクレーム」「倉庫に残る大量の空き瓶と白い紙」へまつわる話が登場

 9月7日(月)24時15分から放送されるテレビ朝日系列の教養バラエティ番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(以下、しくじり先生)では、先週の放送に引き続き「セガのアーケードゲーム」に関する特集回の後編を放送する。

 なお、地上波での未公開シーンを加えた完全版は、ライブストリーミング型インターネットテレビサービスの「アベマビデオ」にて同日24時45分より1週間無料配信される予定だ。

 番組公式サイトの説明によれば、「しくじり先生」は過去に大きな失敗を経験した“しくじり先生”たちが「自分のような人間を増やすまい」との熱意を持ち、経験談やこれまでの経緯を語る番組である。前回の放送では芸能界きってのゲーム愛好家としても知られる伊集院光さんを“先生”に迎え、『UFOキャッチャー』『プリント倶楽部(プリクラ)』『甲虫王者ムシキング』『オシャレ魔女 ラブandベリー』などの人気作品の裏で迷走した作品の数々を紹介した。

 番組では設置困難な大きさ監視員を配置するための人件費などの問題からなかなか普及しなかった『Sega R-360』や、座席が動くVR(仮想現実)アトラクションの先駆けである『SEGA VR-1』マイケル・ジャクソンがナレーションを務めたにも関わらずセガ社内にほとんどデータが残っていない幻のアトラクション『AS-1』が登場。“業界初”と“常識にこだわらないコントローラー作り”の2点にこだわったセガが生んだ巨大ゲーム筐体を紹介している。

 また、タイトーの『電車でGO!』に対抗心を燃やしたことで生まれたシミュレーションゲームの究極系である『犬のおさんぽ』の実機がスタジオへ登場し、出演者たちは「犬の散歩で溜まるストレスばかりが強調されたゲーム」と評された本作を実際にプレイした。最後に伊集院さんは「チャレンジは大事」としたうえで、誰もチャレンジしない理由には「“斬新で誰もやっていない”と“問題があるからやらない”」のふたつがあるとの教訓を読み解いている。

 後編では「楽しいはずのゲームセンターで連発したトラブルとクレーム」「セガの倉庫に残された大量の空き瓶と白い紙」にまつわるエピソードが登場するほか、『プリント倶楽部』に続く筐体として生まれた『ネーム倶楽部』や砂遊びとプロジェクションマッピングを組み合わせた『えーでるすなば』、そして“セガ究極の問題作”と呼ばれているあの作品も紹介されるようだ。

 なお「アベマビデオ」では、後編の放送開始前までなら前編のアーカイブを無料視聴できるので、興味があればチェックして今夜の放送に備えておくとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧